--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.24

ピンクメロンパン

PinkPan.jpg

近所のボンズVONS)のベーカリーで売られている、ピンクメロンパンです。日本の繊細なメロンパンとちょっと違って、激しいピンク色のメロンパン風ペイストリーです。

メキシカンブレッドの項目に入って売られているので、普通のドーナッツや甘いペイストリーよりも値段も低めな3つで99セント。(1つ33セント。)安過ぎる・・・と不安(!)な方にはお勧めしませんが、普通のペイストリーよりも甘さが控えめなので、sdkcはお気に入りです。

最初の頃は、サイケデリックピンクの色に抵抗はありましたが、もともと桃色も好きなsdkc、すぐに「可愛いじゃない」と慣れてしまいました...。

日本のメロンパンに比べると、美味しいクラストの部分はがびがびとしていて少ないです。中身のパンの部分は気泡が多く、繊細さは全くありません。発見当初は「日本のメロンパンみたい!」と感動したのですが、実際日本でメロンパンを食べてみると、質の違いに愕然とします・・・。

が、アメリカの大手スーパーに入っているベーカリーの甘ったるいペイストリーに比べれば、遥かに甘さ控えめで美味しく感じるので、たまに買って食べるのです。

PinkPan2.jpg

今回買ったパンは、特に大きな気泡が中に入っておりました。

実は、色は2種類。ピンクとパン生地色(ベージュ?)。パン生地色の方が遥かに健康そうですが、今ではピンクでないと何故か買う気が起きません。

どのボンズのお店にも置いてあるのかは?ですし、よく売り切れていることもあります。またこの他にも、同じような生地で巻かれてお砂糖のふってあるもの、ジンジャーブレットクッキーのようなもの、最近は見掛けませんが以前はピンク、チョコレート、生地色3色のクッキーらしきものもありました。すごく美味しいわけではありませんが、再度申しますとアメリカの極甘ペイストリーに比べると油分や砂糖も少なめで食べられる感じです。お値段も安いので、たまに買うのであります。

一般のメキシカンやアジアのベーカリーには、日本の様な美味しいパンが売られているという話をよく聞きます。がsdkc、未だに行ってみたことがありません。。。

家族が来米し思ったより忙しく、1か月ほどお休みしてしまいました。)
by sdkc

2008.01.25

ココパウンドケーキ

CHPound3.jpg

ひろさんが以前コメントに残して下さったパウンドケーキのレシピを参考に、ココアパウンドケーキを焼いてみました。


ひろさんオリジナルの材料:
バター、砂糖、玉子、小麦粉100g(玉子は2個)
ベーキングパウダー、ブランデー少々

1 バターを白くなるまで練る。
2 砂糖を入れてさらに混ぜる。
3 玉子をいれてさらに混ぜる砂糖が完全に溶けるまで位に。
4 振った小麦粉BPをいれ混ぜなじませる。
5 香りつけにブランデードライフルーツもいれたらおいしいですよ。
  私はブランデーがないので、いつも日本酒と抹茶をいれてま~す。
6 170度(℃)で40分。

ただ焼き立てよりも二日くらいおいたほうがしっとりして旨いです!
しばらく持つので、私の場合は一週間分のおやつです。

さてsdkc、お酒がだめなのとフルーツケーキが苦手なので(!)、ひろさんには申し訳なく思いつつ、いつものごとくチョコレート版で作ってみました。が、チョコチップは入れずに、(そして抹茶よりお安い)ココアパウダーを入れました。

また、バターと砂糖も小麦粉と同じかなと思い、同量入れてみました。

さて、焼き上がったほくほくのココアパウンドケーキは、ちょっとばかり乾燥というかぱさぱさしておりました。

クッキーマスターの夫がコメント。
「オリジナルのレシピには、お酒などの水分が入るのでしょ。これには何も入っていないから、ぱさぱさになってしまったんだよ。チョコレート風味で作るのなら、次回はチョコレートシロップを加えるとしっとり仕上がるはずだ。」

お~、なるほど~。

CHPound.jpg

今回は仕方がないので、取り合えずホイップクリームを買ってきて一緒に美味しく食べることにしました。

翌日、小腹がすいたのでホイップクリームなしで一切。

するとどうでしょう!一晩経ったらしっとり感が強まっており、美味しくなっておりました。そう言えば、ひろさんのコメントにもそう書いてありました。。。

これはアブナイ。ホイップクリームを買ってくるまでに食べきってしまうかもしれない!ということで、sdkc手があき次第 ホイップクリームをゲットして参りました。

節約癖が出て、セールになっていたミラクルウィップライトを一つ、$1で買ってきました。

おもむろに
パウンドケーキを切り分け、クリームをのせて頂きました。

大変美味しゅうございました。

しいて言えば、
ミラクルウィップよりも缶ホイップの方が断然美味しいかなと。。。

ちなみにココアのことをアメリカではココと呼びます。カタカナ発音表記をしますと「コォウコォウ」という感じです。又は、コーコー。

(温かい)ココアが飲みたい=アイ ウォン(ト)サム ホッ(ト)コーコー(I want to have some hot coco.)

CHPound2.jpg

ひろさん、レシピのご紹介有難うございました。

by sdkc

2008.01.21

チキンカッチャトーレパスタ

ChichenCPasta.jpg

トマトソースのチキンパスタを作ろうと、「パスタに添えても良いでしょう」とあったチキンカッチャトーレのレシピで、自己流イタリアンパスタ和えを作ってみました。

オリジナルレシピには、サンドライドトマトペースト使用とありましたが、コスコで買ったサンドライドトマトのオイル漬けを使う機会が少ないので、それを細かく切って代用してみました。ペーストという濃厚そうな言葉も気になったので、トマトペーストも少し入れました。

作り方は、まずチキンをソテーしたら一旦取り出し、タマネギにんにくを炒めて、トマト缶赤ワインパセリバジル塩胡椒サンドライドトマトトマトペーストを足します。沸騰したらチキンを戻し入れ、蓋をして煮込みます。

茹でたボウタイパスタ(ボウタイとは蝶ネクタイのことです)を、混ぜ合わせてお皿につけて出来上がり。

レシピに沿って作ったらやはりソースがとても少なかったので、チキンブイオンを濃く溶いた水ケチャップウスターソースも途中で足してみました。

何となく薄そうなソースでしたが、チキンにはしっかりと味がしみ込んでいて、どうしてなかなか美味しいパスタとなりました。


夫もニコニコと「このパスタ、いつでも作っていいからね!!!」と、コメントしてくれました。

sdkc「このパスタ、高い料金払ってレストランで食べるより余程美味しいじゃないの。」なんて、偉そうなことすら思いました...。

翌日、楽しみに残りのパスタをチンして食べました。
が、残念ながら出来立ての時ほど美味しくなく、まるで魔法が解けてしまったかの様でした。

ちなみに、オリジナルレシピには、紫たまねぎ生のパセリとバジルを使用し、最後はオーブンで1時間焼くとありました。

by sdk
c
2008.01.18

牛肉の野菜炒め

beefBroc.jpg

1月といえば、ダイエットの月です。TVのコマーシャルには、エクセサイズマシーンや各種ダイエット法、ローカロリー食品などの宣伝が多くみられます。お店でもエクセサイズ用のスポーツウエアーやエクセサイズマシーンのセールが目立ちます。

11月の感謝祭からクリスマスに掛けて御馳走を沢山頂き体重の増えた人々は、お正月が明けると同時にダイエットに勤しみます。私はクッキーの焼き過ぎでか体重も増えましたが、ほぼ元に戻りました。でも野菜を多く取るように心掛けています。


今回は、ブロッコリーと牛肉炒めという中華レシピを元に、ブロッコリー2株の代わりに冷凍野菜ミックスを沢山入れて作ってみました。

醤油、紹興酒、みりん、オリーブオイル、かたくり粉などで下味を付けた牛肉は小さく薄めに切り、たまねぎ、にんにくと炒めたら、チンして柔らかくした冷凍野菜を混ぜ、全体に火が通ったらオイスターソースがメインの合わせ調味料を加えます。最後にかたくり粉でとろみをつけて出来上がり。

いつものごとく一品料理ですが、牛肉も入った
野菜たっぷりの中華風炒めに大満足なsdkcでした。がしかし・・・

夫「魚臭いぞこの肉炒め!」

sdkc「前にもこの炒め物したじゃない。」
夫「魚のエキスかなにか入っているだろう~!」
sdkc「そんなもの入っていません、お肉風味です!あ・・・そう言えばオイスターソースはシーフードエキスでした...。」
夫「ほらみろ!それも大量に入れたでしょ~!」
sdkc「大量になんて入れてません。(でもたっぷり入りました。)前に全く同じレシピで作った時には何も言わなかったじゃない!!」
夫「今回は魚味が強すぎだ~!!!」
sdkc「以前は大丈夫だったのに...。」

数分経過。。。

夫「ごちそうさま~。そう言えば、食べているうちに魚臭さが気にならなくなったよ!!」
sdkc「ああ、良かった~~~~~。」

ということで、野菜は増やしたもののレシピ通りに作ったのですが、今回はどうもオイスターソースの風味が強かったようでした。今までオイスターソース料理に文句が出たことがなかったので、sdkcひやりと致しました。(少ないレパートリーが減ってしまう!!!と...。)

今回の出来は何だか複雑な気持ちなので、レシピは飛ばします~。

by sdkc
(P.S. 最初の投稿から一晩明け、会話部分を少々編集させて頂きました。)

2008.01.16

シナモントースト

cinnamonT.jpg

今回は、小腹のすいた時に簡単にできるシナモントーストのご紹介。

夕飯を作っている最中に、「オナカスイタ ユウハンマテナイ・・・。」と小腹のすいた夫がキッチンのすみっこで作りました。

でもこのトーストのレシピは、私が子供の頃にあるお宅でよくお三時に御馳走になったレシピです。日本ながらなんだか粋なお三時に、シナモンの香りもうるわしく、幼心にいつもわくわくしておりました。(昔から食べることが好きでした。)

これを以前夫に作ってあげて以来、今では夫が自分で作るようになりました。久し振りに、(一応)夫料理です。

材料:
食パン、バター、砂糖、シナモンパウダー


作り方:
まず、食パンをトーストします。
バターは付け焼きでも、トーストの後でも構いません。
砂糖をトーストの上にうっすらまぶします。
シナモンパウダーをまんべんなく振りかけて出来上がり。

cinnamonT2.jpg

写真のトーストは少し黄色みが強いですが、使ったパンとバターのせいかと思われます。(夫作なので、キッチンカウンターの上で直接作りました...。)

トーストの焼き加減は、焼き過ぎるとシナモンの風味が感じられなくなりますので、うっすら程度が良いかと思います。が、お好みの加減でどうぞ。

お砂糖とシナモンパウダーの量もお好みでどうぞ。お砂糖とシナモンパウダーを降る時には、結構周りにも散りますからそのおつもりで。(奇麗好きの方には、キッチンよごれちゃいますのでお気を付けて。)

お砂糖をパンにふりますしバターも使いますが、クッキーやスナック菓子をそれ相応の量食べるよりは若干ヘルシーかと思います。

バリエーションとしては、シナモンのかわりに日本だったらきな粉をふっても良いかもしれませんね。ココアという手もありますが、やはり香りをエンジョイするにはこのシナモンが一番かもしれません。

by sdkc

2008.01.13

野菜クレープ

FrenchBakery.jpg

前回はデルマーのお店でキッシュを頂きました。今回は、カーメルマウンテンにあるお店でクレープを頂いてきました。

sdkcお気に入り
シャンパン・フレンチベーカリー・カフェCHAMPAGNE FRENCH BAKERY CAFE)です。

どうやら新しいメニューだったよで、レストランのHPにも写真がありました。

Artichoke & Roasted Veggie Crepes
アーティチョークとグリル野菜のクレープを注文。

野菜料理だからヘルシーよと思いましたが、なかなかこってりともしていて美味しゅうございました。

グリルされたいろいろな野菜とアーティチョークがクリーミーなソースというか、大変まろやかなソース(野菜の汁?)と一緒にクレープに巻かれてありました。お肉が入っていないのに、こくがあってとても美味しかったと思います。sdkcの好みです。

前回のキッシュは塩分が強かったのですが、今回はパーフェクトでした。店舗やその日の料理人さんにもよるのでしょうか。一緒に行った義母は今回はキッシュを頼んでいました。義母曰く、デルマーのお店の方が更に美味しいとのこと。(それが前回塩っぽかったんですが。その前は更に美味しかったのでしょう。)

店舗ごとに雰囲気はかなり違うみたいです。デルマーはオシャレなカフェとレストランスタイル。カーメルマウンテンのお店は庶民的ベーカリーカフェ感で、明るいカジュアルな感じが私は良いと思いました。

ちょっとボリュームが少なかったかもしれませんが、腹八分。そう、sdkcの今年の抱負の一つは「食べ過ぎない。」

それにしても、いつもここのパンやクッキー、ケーキはかなり美味しそうです。いつか食べてみたいなぁ。。。

そうそう、調子に乗ってお店のHPに登録してみました。するとメールが届いて、メールをプリントアウトして14日以内にお店に行って何かを買うと、バケットが一つただでもらえるとありました。が、14日以内に戻れず残念。非常に残念。

ちなみに、このカーメルマウンテンのレストランの隣の隣くらいにトレジョーもあります。

P.S. お値段を添えるのを忘れていました。野菜クレープ $7.99+tax。 AAA会員は10%引きです。

by sdkc

2008.01.09

抹茶チョコチップブラウニー

GTBrownie1.jpg

12月にさかのぼりますが、ローファットブラウニーのレシピで抹茶バージョンを焼きました。

ところでこのローファットブラウニーレシピは、「ブラウニーみたいなケーキ」と呼ぶことに
後日、夫と同意しました。「本来ブラウニーはもっとしっとりねっとりとしていて、このローファットブラウニーはふかふかしているケーキのスポンジみたいだから、ブラウニーではない!」と説明を受けました。なるほど...。

12月半ば、ある地元の日本人の方に
初めてお目に掛かる機会があり、手作りブラウニーを少し持参してみましょう。とsdkc、前夜に材料を用意して出掛ける前に焼いてみました。

ただ、焼き上がってから出掛けるまでにブラウニーが全く冷めず、焼き立てのホカホカのままビニールの袋に入れました。袋に湯気が付いてしまいました。

日本茶を入れて下さったので、おそるおそる「今朝焼いてみたので少しですがどうぞ。」と差し上げた所、喜んで食べて下さりました。和の風味、抹茶味を強調する為に、バニラエッセンスは入らなくても良いのでは?という貴重なアドバイスも頂きました!

GTBrownie2.jpg

なかなか抹茶の色がきれいに出て、チョコチップは小豆の様にも見えました。かなり良くできたのではないかとsdkc、一人嬉しくにんまりと。

ただ、抹茶は無糖ココアパウダーよりもお高いので、次回はもう少し量を減らしても大丈夫かな?なんて、気の小さいことも考えました。

夕刻、帰ってきた
夫が台所に残りの抹茶ブラウニーを発見。一切れつまんで、「これいけるじゃない~。美味しいねぇ~~!」sdkc「そうでしょ、そうでしょ。私も良くできたと思うのよ~!!」


数時間後「ブラウニー食べよう~。」とsdkc、台所で目に入った光景は・・・。

GTBrownie3.jpg

器の蓋は開いたまま。確か半分近くは残っていたはず

sdkc「ブラウニー!!!

台所の入り口に夫が現れ、「だって美味しかったのですもの。全部食べないで、
ちゃんと2切れ残しておいてあげたよ!」

嬉しいやら悲しいやら。。。
思わず写真を撮りました。

by sdkc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。