--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.06

クレープ @ My Place

MyPlace.jpg

今回もレストランの紹介です。ラホヤ(La Jolla)続きになりますが、おりあって My Place というフレンチ カジュアル レストランへランチに行って来ました。(お店のHPはないようです。)

何度か
お昼時に通り掛かった小さなレストランなのですがいつも混んでいたので、取り合えず外に置いてあったメニューのちらしをまずもらって来ました。ランチメニューとは書かれてありませんでしたが、アペタイザー、パスタ、シーフード、お肉、サンドイッチ、スープ、サラダ、クレープとキッシュ、オムレツという種類で、まさにカジュアルな感じでした。

それではお昼にキッシュをと、確か12時半ー1時頃にお店に行きました。が、お目当てのキッシュはすでに売り切れでありました。私達の後に入って来た人達もキッシュを頼んでは「もう今日は売り切れました。」と言われてがっかりしていた様子でした。

フレンチと言う事で、私は代わりにハムとチーズのクレープ(
$8.50)を注文しました。このクレープがなんとも塩辛くもくどくもなくって、私の口に合いとっても美味しかったです。添えられたハウスサラダもほどよくドレッシングに和えてあり、また量も丁度良くて良かったです。

例えばチェーン店のパンケーキハウスIHOPでお昼をしたとしても、一皿だいたいこれくらいの値段はします。それを考えると、決して安いランチではありませんが、大量生産でなく手作りの雰囲気もあって、満足度の高いランチだなぁとしみじみ思いました。

一緒にランチをしたAさんのグリルステーキサンド($11)も美味しかったです。(ステーキが丸ごと柔らかめなフランスパンらしきパンに挟まっていたのですが、ちゃんと全部一度に噛みきれました。)
Bさんは今日のオムレツということで、ハムとアスパラガスのオムレツを注文していましたが、そちらは普通でした。でもサイドに付いてきたポテトがステーキサンドのポテトフライよりも美味しかったです~。

特に洒落ているとかめちゃくちゃ美味しいといったわけではないのですが、「悪くないじゃない、また来ましょう。」とすんなり思えるレストランでありました。

レストラン自体は小さくて、中よりも外にテーブルが多く並んでいました。歩道を挟んでレストラン側と道側にならんだテーブルは満席で、実は私達も外で食べたいとテーブルの空くのを少し待ちました。天気の良い日は気持ちが良いと思います。

以前エッグベネディクトを食べたThe Cottageよりも美味しかったし、お洒落だったし(私にとってはですが)、The Cottageのエッグベネディクトより若干安くてこの質!とお気に入りになりました。

ラホヤにはそれはそれは沢山のレストランがあります。場所柄決して安くはありませんが、それなりにランチはお得なお値段が多いかと思います。

My Place  FRENCH BISTRO
7777 Girard Ave, La Jolla, CA 92037           (858) 454-3535
Lunch 11 am - 4:30 pm             Dinner Tue-Sat 5:30 - 9 pm


2007年5月更新情報:
再度遅ランチへ行って参りました!が、今回は写真は撮れなかったので、感想だけをここに足すことにしました。

実はローストダックの好きな私は、ローストラックのサラダが食べてみたくてみたくて。。。今回頂いてみたのです。
が、がっくり...。

チョーシンプルなサラダでした。これはお勧めしません!!!お金がもったいないかもです。12ドル返して~。

ちなみに「本日のパスタ」を頼んだ夫は、バジルペストクリームソースにチキン、サンドライドトマト、ケッパー、松の実、などなどが入ってチューブパスタに和えてある美味しい料理に遭遇。大満足をしておりました。確か同じく12ドル。でも日替わりメニューかもしれないので、いつもあるとは限らないと思います。

(どうして彼の頼む料理はいつも当たるのだろうか???)

シンプルサラダにがっかりした上お腹もまだ空いていた私は、思い切ってデザートを注文することに。

いろいろと美味しそうなデザートがありましたが、フレンチレストランですからお勧めというクレープシュゼットオレンジソースを注文。二人分で9ドルとありました。

クレープなんて東京でも食べられるわい。と思いましたが、夫がオレンジソースだしやっぱりフレンチレストランではクレープ食べなきゃみたいな目つきをしていたので、思い切って。

平たいお皿に4枚のクレープがそれぞれ4つ折り(?)になってのっていて、オレンジーソースと真ん中にはクリームらしきものがのっておりました。
(私「質素だなぁ。。。これで9ドル~。」夫「ラホヤだから。」)

でもちまして、お味の方はおいしゅうございました。
大感激とまではいきませんが、それはそれで確かに美味しかったであります。
オレンジソースが絞ったオレンジに火を入れて、という手作り感覚だったので、なんでも便利で既製品の溢れるアメリカ庶民の食文化に慣れている私には、ちょっと新鮮でもありました。

次はイングリッシュなんとかというデザートかチョコレートムースが食べてみたいと思ったsdkcであります。

by sdkc
2007.02.19

ラホヤのケーキ屋さん

dessertier.jpg

今回はレシピでなくてケーキ屋さんの紹介です。サンディエゴにはいくつか有名デザートレストランがダウンタウンに集中してあります。が1件名の知れたお店がラホヤ(La Jolla)にもあり、今回はそこへ行くチャンス到来。美味しいケーキを頂いて参りました。

ラホヤは
海辺の高級住宅地で、サンディエゴダウンタウンから北西に25分程でしょうか。とても綺麗な可愛らしいリゾート地でもあり、野性のアザラシが住んでいるチルドレンズプール(Children's Pool)という小さなビーチが特に人気です。

さてケーキ屋さんの名前は、Michele Coulon Dessertier。サンディエゴの地元日本人の方のブログで物凄く美味しそうな写真を拝見して以来、是非行ってみたいと思っていた所です。ちなみにここはケーキが1切れ8ドル。ラホヤのレストランでデザートを頂くとだいたい6~9ドルはすると思うので高い訳ではないのですが、普段近所のスーパーにあるメロンパンに似たメキシカンペイストリーを1個40セント代で買って喜んでいる私なので、8ドルケーキはスゴイのです。

ですがこのケーキは二人で食べると丁度良いとブログで読みましたので、ならばとケーキ1つ、ミニケーキ1つ、クッキー1つを注文してみました。なんとクッキーも含め、可愛いお皿にラズベリーソース付きで出てきました。。。

お店のHPでメニューを確認して行ったのですが、ケーキやパイ、クッキー等物凄い種類がありまして私はどれにするか迷いそうだと思っていたのとは裏腹に、お店は物凄く小さくて、ウィンドーケースに綺麗に飾られているケーキはほんの6種類くらい。それと一緒にサンプルかなと思ったミニサイズのケーキが何種類か並んでいました。思わず「たったこれだけ!?」と自分の目を疑いました。それもどうやらいつも同じ様な種類しかウィンドーには出ていないのではという印象でしたが、どうなのでしょう。あとは、レジのカウンターにクッキーがいくつかガラス瓶に入っていておりました。

HPのリストにあったすさまじい種類のケーキ達はどうやらオーダー用だったようです。確かにカウンターの奥は手作りケーキの工房になっていて、何人もの女性が忙しそうに動き回っておりました。なるほど、百聞は一見にしかずでありました。

dessertierC.jpg

今回注文したケーキは、ホワイトチョコレートムースとラズベリージャム入りチョコレートケーキ。と一口サイズのチョコレートケーキ(確か$1.50)に白くて丸いクッキー(75セント)でありました。

甘すぎず日本人の口に合うヨーロッパ系のケーキでした。でもやっぱり大きくて、2人で1つを食べましたが最後の一口が辛かったです。
人それぞれとは思いますが、最後はこってりさに負けてしったと言う感じでした。クッキーは砕いたクルミが入っていたような。ミニチョコレートケーキは持って帰りました。これが以外と美味しくて、次からはこれだけでいいかな、なんて思いました。

せっかくなので、上のホワイトチョコレートムースケーキの写真はクリックすると拡大するようにしてました。是非クリックして臨場感をお楽しみ(?)下さい。


と言う事で、是非直ぐまた行きたい!とは思わなかったものの、また行ってもいいと思いました。私はミニサイズのケーキでも満足なので、安くおさんじをしに行くには良いかもしれません。でも一個だけでは物足りないかな?ミニサイズのケーキだけお店で食べるのも気が引けそうですし。。。


このお店のオーナーは女性ですが、ランチはシェフのご主人が担当のようです。英語のクチコミではここのランチを結構気に入っている人も多いような感じですが、ちょっぴりお高めというかラホヤ料金であります。でも一度ランチも食べに行ってみたいような。

MICHELE COULON DESSERTIER  Tel: (858) 456-5098
7556 Fay Avenue, Suite D, La Jolla, CA 92037
Mon - Sat, 9 to 4(Lunch 11:30 to 3:30)Closed Sundays

平日は4時まで。日曜休みです。ボンズ(VONS)の西側?
Fay Avenueをはさんだ向いの、小さなお店がこまこま入っている中にあります。

by sdkc

2007.01.20

キッシュ

Quiche.jpg

キッシュQuicheと言うと、日本のパン屋さんや西洋レストランでもお馴染みですからあまり珍しくないかもしれません。でも私は家で作りませんし外でも滅多に頂かないので、今回は久し振りに頂いたキッシュのご紹介です。

さて、今回登場するレストランはシャンパン・フレンチベーカリー・カフェCHAMPAGNE FRENCH BAKERY CAFE)です。南カリフォルニアに現在15件ほど店舗のある、チェーンレストランであります。

この日はくずれたクッキーのかけらがバスケットに入って、試食用とレジの前に置いてありました。これがいわゆる日本の家庭で作る(?)懐かしい手作りクッキーの食感と味でありました。トリプルエー(AAA)会員は10%オフということでその割引作業をレジでしてもらっている傍ら、私はさりげなくバスケットに何度も手を伸ばし、くずれたクッキーを口に運んでおりました...。(AAAは、日本で言うJAFであります。)

メニューにはフレンチクレープ他、オムレツサラダ暖/冷サンドイッチ、そしてキッシュと軽食っぽい感じの料理がいろいろとありました。私はその中で説明書きにブラックフォレストハムスイスチーズエッグカスタードが入っているとあった
、キッシュ・ロレイン(Quiche Lorraine)を頂きました

要するにタマゴバターチーズクリームハムパイ生地と超高カロリー食品でります。が、美味しいのであります。ボリュームもたっぷりで、半分で良いかもと思いつつブランチがてら全部食べてしまいました。

お値段は、彩りの良いグリーンサラダ付きで$7.79。前回のラホヤのエッグベネディクトに比べたら、満足のゆく量とお味でありました。ちなみに今回食べた場所はデルマーにあるお店で、外にあるテラスで頂きました。(まぶしかったです...。)

それから、前回ラホヤのレストランで同じく白いお皿が出て来ましたが、同じシンプルな白いお皿でも、ここで出てきたお皿は学食のお皿ではありませんでした。チェーン店なのに、こざっぱりしていて好印象なベーカリーカフェでありました。

ちなみに、キッシュはちょっとばかり塩辛かったです。でもこれは単にシェフが風邪をひいていたのかもしれませんし、いつもではなくたまたま塩辛かったのではないかと思いました。

それから、コーヒーもいわゆる薄めのアメリカンコーヒーではなくて美味しいコーヒーでありましたから、さすが「フレンチ」レストランと言えましょうか。是非また行ってみたいです。

キッシュのレシピは、クックパッドの「お食事パイ・キッシュ」のページをリンクしましたので、興味のある方はご参照下さい。

by sdkc

2006.12.18

エッグベネディクト

thecottage.jpg

久し振りにエッグベネディクトを食べました。家では作らないので、今回はボブとアンジー」のレシピサイトよりレシピを借りて参りました。

エッグベネディクト(
Eggs Benedict)とは、イングリッシュマフィンにハムとポーチドエッグをのせ、オランデーソースを掛けるといった具合です。オランデーソース(hollandaise)はホワイトソクリームソースというよりも、温かいマヨネーズソースといった感じです。(カロリーの高いお料理です~。)

材料4人分
エッグベネディクト 1,153 kcal
・卵 8個
・イングリッシュマフィン 1/2x8個
・ボーンハム 200g
オランデーズソース
・卵黄 6古文
・澄ましバター 400cc
・レモン汁 1/2個分
・塩・こしょう 少々

手順
<エッグベネディクトをつくります>
(1) ポーチドエッグを作る。
(2) イングリッシュマフィンは上下半分に割り、軽くトーストする。

<オランデーズソースをつくります>
(3) ボウルに卵黄を入れて湯せんする。塩、こしょうを入れ、澄ましバターを少しずつ加え、マヨネーズ状になるまでかき混ぜる。最後にレモン汁を入れる。
(4) イングリッシュマフィンの上にボーンハムとポーチドエッグを順にのせ、全体にオランデーズソースをかける。
__________


The Cottageというラホヤ(La Jolla)にあるレストランの朝食メニューで頂いたエッグベネディクトですが、これ一品で$9.95(+チップ)でした。The Cottageというレストランは、サザンカリフォルニアダイニングということで南カリフォルニア家庭料理のお店なのですが、南カリフォルニアというとメキシコの影響もありといった感じなのでしょうか?実はまだ南カリフォルニア家庭料理をよくわかっていない私です...。でもエッグベネディクトは普通どこにでもあります。

お料理の方は
良くもなく悪くもなく。でも「この値段でこの質と量?」ということで少々がっかりでした。ちなみにお皿はすりきずがつきまくっている白くて分厚い学生食堂でよくでるお皿でした。そのお皿に、カナディアンベーコン入りエッグベネディクト2つ、単純なポテト炒め、オレンジとメロンの薄切りがのっているだけでした。

thecottage2.jpgラホヤは海岸沿いの小さくてきれいな町ですから、観光地としてサンディエゴでは有名です。なので物価が高いのは分かりますが、ランチ(ブレックファースト)メニューで一品がこの値段。中西部で10年以上過ごした私には、まだ高く感じられてしまいます。

がしかし、このThe Cottageは数あるラホヤのレストランの中から2006年ベストランチに選ばれた人気のお店でもあります。ですからランチには「これはいける!!」というものがあるのかもしれません。

HPでメニューを見かえしてみたら、確かにもう少し美味しそうなエッグベネディクトもありました。が、朝、昼単品で
チップ前$10以上なんて、やっぱり高い。。。でもベストランチというタイトルが気になるので、懲りずに機会があったらまた行ってみるかもしれません。

地元の方などでここのメニューのお勧めがある方がいらしたら、是非教えて下さい!

by sdkc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。