--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.21

ジャーマンポテトスープ

GpotatoS.jpg(4人分弱)
ジャガイモ 4個(453g)
人参 2本
アメリカサイズ
セロリ 1本
玉葱 1個
ベーコン 6枚
キャベツ 2/5
水 1000ml
チキンブイオンの素 小さじ4
荒引き胡椒 適量


  1. 鍋に細切りベーコンみじん切りを、玉葱が透き通るまで炒めます。

  2. いちょう切りにして水につけておいたジャガイモ輪切り人参薄切りセロリを加えて適当に炒めます。

  3. 千切りキャベツチキンブイオンの素を加えて沸騰させたら、中火で20ー30分煮込みます。

  4. 荒引き胡椒を振って出来上がりです。


ジャーマンポテトスープですが日本のお料理の本を参孝に作ったので、やっぱり日本の味付けは簡単でも美味しい...としみじみ思ったスープです。もちろん日本の味付けといっても、レシピによりますけれども。このオリジナルレシピの載っている野菜料理の本は、以前日本の友人にプレゼントしてもらったもので、どれを作っても美味しいので気に入っています。ただ日本の野菜が主なので、せり、小松菜、はす、ごぼう、山芋、里芋、なめこ、しめじ、舞茸料理はまだこちらで作った事がありません。そういえば、なめこなんて日系食品店にもあるのかしら?私、なめこ大好きなんです~。

ジャーマンポテトスープといえば、私はアメリカでは耳にしたことがないような。夫に「ジャーマンポテトスープ」と言ったら、「ドイツの特別スープなわけ?」と目を輝かせて期待をされてしまいました。やっぱりアメリカでは一般的にはそう呼ばないのかなと思った次第です。手元にあるスープ料理の本にしても、レシピ名として載っていません。チキンストック、ジャガイモ、ベーコンの組み合わせのスープはいろいろなバリエーションがあるので、一概にジャーマンポテトスープって呼ばないのかもしれません。

ベーコンの種類や大きさによっては、6枚は多すぎるかもしれません。私は
脂身の多い、コスコで大量買いしたカリカリベーコン用のカナディアンベーコンなんとかというのもを使ったので、脂の部分を必死で取りました・・・。それでも残っている部分は、2分ほどペーパータオルに挟んでチンをして、気持ち脂抜きをしました。日本のベーコンの薄さや大きさなど覚えていないので、こういう時日本のレシピを使うと量が怪しくなります。でも美味しく出来たので、大満足。

オリジナルレシピにはこの半分の量で4人分とありましたが、倍の量を作って一品料理(メイン)として4人分弱となりました。

またオリジナルレシピには(半量)、ベーコン一枚にソーセージが3ー4本、サラダ油大さじ1が使用されています。脂を取ってもベーコンにはまだ脂は残っていたので、私は油を足さずに玉葱と炒めました。それから、オリジナルレシピにはキャベツは含まれていません。

ペーコン、ソーセージ、ハムなどを混ぜ合わせると、もっと変化やコクが出るそうです。

WWのポイントは、全部で約13ポイント。スープはやっぱりヘルシーです。

ジャーマンポテトスープ、「野菜のおかずは無限大」別冊エッセ、フジテレビジョン、ISBN4-594-60237-1、p.133より。

by sdkc
スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
  コメント表示はスパム防止のため、管理人承認後となります。
しばらくお待ち下さい。
 


この記事へのトラックバックURL
http://sdkc.blog57.fc2.com/tb.php/52-f754bef0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。