--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.02

メキシカンチキン

MexicanChicken(5ー8人前)
鶏胸肉 約675g
玉葱 1個
パプリカ 1個
トマト 4個
レーズン 大さじ2
チョコレート 25g
チキンストック 1 1/4 cup
小麦粉 大さじ6
粉シナモン 小さじ半分
粉クミン 1つまみ
塩胡椒 適量
オリーブオイル 大さじ2
(アメリカサイズ計量カップ)


  1. オーブンを325°F/160℃に温めます。

  2. 塩胡椒を混ぜた小麦粉に、鶏肉をまぶします。

  3. フライパンにオリーブオイルを熱したら、鶏肉を黄金色が付くまで中火~強火で5ー10分焼き、蓋付き耐熱容器に移しておきます。

  4. フライパンに、スライスした玉葱、細長く千切りにしたパプリカ(赤ピーマン)を入れて柔らかくなるまで5分程中火~強火で炒めます。

  5. フライパンに鶏肉をまぶした後に残った小麦粉を加えて、1分程炒めます。

  6. チキンストックを足してから、レーズン、皮と種を取り除いて刻んだトマトシナモンクミン、細かく刻んだチョコレート塩胡椒を加えて、混ぜながら沸騰させます。

  7. 6を3の鶏肉の入った耐熱容器に入れ蓋をして、50分オーブンで焼きます。


メキシカン料理は余りよく知らないので滅多に作りませんが、このレシピは材料のチョコレートに誘われて、今回挑戦することにしました。チョコレートをメキシコ料理では使われる、ホットチョコレートに、シナモンや唐辛子を入れて飲む、など経験済みだったので、きっとこのレシピもへんなことにはならないだろうとドキドキしましたが、美味しく出来上がり満足でした。

大きなトマトを使い過ぎたのかソースが結構あるので、パンやご飯と頂いてもいけそうです。相棒曰く、「スパニッシュライスと食べたら、またグーだね!」それにしても「チョコレートとご飯」。言葉の響きからだけでは食欲が湧きませんが、チョコレートをカレーの隠し味に入れるのと一緒です。一度お試しあれ!!

そのチョコレートですが、レシピには「良質のもので、ココア70%異常のセミスイート板チョコを使用して下さい。」とありました。私は少しだけけちって、
焼き菓子用のギラデリ(サンフランシスコのチョコメーカー CHIRARDELLI)60%粒ビタースイートを利用しました。70%以上の板チョコは、ボンズ(Vons)では普通のお菓子売り場に置いてありました。

レーズンはちなみにトレーダージョーで買ったカリフォルニア産ジャンボレーズンメドレー(Jumbo Raisin Medley)があったので、それを分量刻んでいれました。3種類の干し葡萄が入っていて、紫色ではなくゴールデンカラーの葡萄が多いために、写真では分かり辛いです。

鶏の胸肉は99%ファットフリーのコスコで買ったChicken Breast Fillet(チキンブレストフィレ)を3つ使用し、それぞれを平たい感じめに(?)適当な大きさに切ったところ、9切れくらいになりました。食べる時にはナイフ入らずでとても柔らかく、フォークで切って食べられました。(刻んだ牛肉で代用しても良いそうですが、15分長く焼く様にとありました。)


簡単そうに見えたのですが、材料の準備をするのに手間どってしまい時間が掛かりました...。
中でも、大きなトマト4個分の皮の湯むきと種取りと刻むのに手こずりました。次回はフレッシュトマトでなく缶トマトを、そしてチキンも小麦粉ソテーなどしないで、そのままオーブンへ入れちゃえ!など、もう少し簡単に作れないかと考えています。

オリジナルレシピは「メキシカンターキー」といって、七面鳥のフィレ胸肉が4つ使用してありました。私は鶏肉で代用しましたが、七面鳥の方が多分脂肪分が少 なく乾燥した身で、さっぱりしていると思います。それから、チリパウダーも大さじ1入り、仕上げに生のシラントロ(パクチ、香菜)が振りかけられます。

サンディエゴは8月に入り、7月中異常に高かった湿度と温度から解放されました。早速エアコンを止め窓を全開にして、夜オーブンを使ってみたという感じです。

(WWのポイントを計算しましたら、全部の量で34ポイントでした。5回分で食べるとすると、1人6.8ポイントで、これはかなり嬉しいかもしれません!ちなみに、今回使用したギラデリの粒チョコレートは、8粒1ポイントです。日本のカバヤのチョコレートで、例えば「苺ショコラ」1粒が1ポイントを思うと、私にとってはかなり嬉しいお話でした!甘みの減らしてあるベイク用のチョコレートは実はイケルかもしれないということを、今回発見しました。)

*今回の写真はクリックすると、大きくなります。


(8/2/06:一部更新。)
mexican turkey, 「the best ever one pot」, Parragon Publishing Book, ISBN1-40541-689-0, P.115より。
by sdkc
スポンサーサイト


この記事へのコメント
主人がメキシカン料理大好きなので、
是非作ってみたいと思います!
こちらも暑いです~。炒め物するだけでもう常夏・・
もう少し涼しくなったらすぐに挑戦してみますね!
Posted by マリン at 2006.08.02 13:41 | 編集
マリンさん、うちの主人もメキシカン料理大好きです。是非一度お試し下さい。WWのポイントも計算したので、載せておきました。内容の割にお得だと思います。(ギラデリのベークド用チョコレートも!)

今日は結構涼しい風が吹いているので、部屋の中は何となく暑いですが旋風機だけで過ごせています。料理すると汗かきますよねー。運動でもないのに...。
Posted by sdkc at 2006.08.02 17:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
  コメント表示はスパム防止のため、管理人承認後となります。
しばらくお待ち下さい。
 


この記事へのトラックバックURL
http://sdkc.blog57.fc2.com/tb.php/18-b1b2f450
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。