--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.01

年越しうどん

ChikenUdon.jpg

大晦日といえば、年越しそば。そばよりうどんの方が好き。という夫のリクエストで作って以来、うちでは「こしのある麺なら良いのよね。」と、年越しうどんを頂いてきました。

これが以外にも邪道であることに最近気が付き今年はそばにしようかなと思ったのですが、師走ばたばたとあれこれしているうちにおそばを買い損ねました。

ということで、今年もまた年越しうどんです。が、毎年汁麺にしていたのですが、今年は初めての試みで、「フュージョン年越しうどん」を作ってみました。

和風パスタのうどん版みたいな感じです。

以前うどんがなかった時にパスタで一度作ったら好評で、今回はうどんでしっかり作りました。レシピの分量で作ったのですが、倍できたので4人分だ!と思っていたら、結局夫が2/3を速攻で食べてしまいました。今回も好評でした。

しかし、勝手に材料を変えるからなのですが、レシピ通り(!?)に作っても本の写真とは程遠いものが出来上がります。今回はどうやらうどんの量も茹でる前と後がはっきりと書かれてなかったために、茹でる前の方が簡単でしたからそちらで計りました。なので出来上がりの量も増えてしまった具合です。ただ、味付けはちょうど良かったです。

ただ思ったのは、やはりおうどんはお汁に入れて頂いた方が麺の食べる量が減らせるのでヘルシーかなと。。。それから、鶏肉は白身の方がさっぱりとして美味しかったです。(こんかいは赤身で作ってみましたが、少し油っぽい感じでした。夫は赤身の方が美味しいと申しますが~。)


<3人前>
茹でうどん 300g
オリーブオイル 大さじ1/2
千切りショウガ 大さじ1/2
鶏肉(白身)250g
潰しにんにく 1個
醤油 30ml
胡麻油 小さじ1
野菜(ほうれん草、セロリ、にんじん、玉葱など)350g
あぶった胡麻 大さじ1


1 うどんは固めに茹でたら、水通しをし切りをしておきます。
2 ほうれん草以外の野菜は3分強チンしておくか、事前に炒めておきます。
3 熱したフライパンにオリーブオイルを入れショウガを1分炒めます。
4 一口大に切った鶏肉を入れて、ほぼ火の通るくらいに炒めます。
5 にんにくを加えて1分炒めます。
6 醤油と胡麻油を入れて混ぜます。
7 ほうれん草と柔らかめにした野菜を加えて混ぜます。
8 入れてからませます。
9 皿に盛り付けたら、あぶり胡麻を振りかけます。

"Sesame Chicken and Shanghai Noodle Stair-fry", step-by-step healthy eating, ISBN 1-74045-061-2, p. 50. をアレンジしました。

それでは、ポイントローマの町から見下ろしたサンディエゴダウンタウンの夜景にて、今年はこれにて。

Wish you a Happy New Year!!
SDnight.jpg

by sdkc
スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
  コメント表示はスパム防止のため、管理人承認後となります。
しばらくお待ち下さい。
 


この記事へのトラックバックURL
http://sdkc.blog57.fc2.com/tb.php/149-bba09675
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。