--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.14

マシュマロブラウニー

MarshBrownie.jpg

「そうだ!季節柄だし、ミーティングに手作りブラウニーを持っていこう!!」なんて張り切ったsdkc、今回は前回のローファットブラウニーのマシュマロのせを焼いてみました。

ブラウニーの部分は前回と全く一緒の、ローファットブラウニーのレシピで作りました。

本に美味しそうに出ていたなんとかクッキーを真似て、今回はマシュマロをブラウニーの上にのせてみることに。ブラウニーを焼く最後の数分、半分に切ったマシュマロを乗せて焼きました。

が、結局焦げ目が数分ではつかなくて、そのまま何分も焼き続けることに。

MarshBrownie3.jpg

ようやく焦げ目がつき始めて、オーブンからアツアツの容器を取り出しました。

大きく膨んだマシュマロの下の部分は溶けていて、しばらくの間はブラウニーに接している部分がガラスを通してグツグツと煮え立っているのが観察できました...。(下の写真の気泡がそうです。マシュマロが膨らんでいる様子も分かります。)

「ただでさえ予定より長くオーブンに入れていたし、これってブラウニーの特に表面を必要以上に焼いて(煮て?)、ブラウニー自体にも火が相当通ったことになったのでは?」と、少しだけ不安になりました。

MarshBrownie2.jpg

冷めてくると、膨らんだマシュマロはすうぅ~っとしぼんでゆきました。 あつあつのブラウニーを少し冷まして、ナイフで1口大に切り目を入れました。

ミーティングにホカホカのマシュマロブラウニーを持って参上すると、ミーティングに来ていた人達が揃って「オ~。ブラウニーを自分で焼いてきてくれたの!?」と、喜んでくれました。

sdkcは照れながら、「普段の感謝の気持ちと季節柄、焼いてみました。。。」

蓋を開けて、ナプキンを用意して、楊枝をさして。。。と、蓋を開けてびっくり、なんとなく分かってはいたものの、マシュマロはしぼんでペッタンコになっておりました。

器を覗き込んだ数人が、「その上にのっているのはもしかしてマシュマロ!?」
「はい。初めてなんだけど、乗せて焼いてみたんです。」とsdkc。

でもミーティングが始まり、皆ほかほかのブラウニーを食べる間もなく、真面目な意見のやり取りが行われました。(もう少し早く会場に着いていれば、みなさんにすぐに食べてもらえたけれど。)

でもしばらくして会長さんが、「ちょっと足のばしに、ここで5分の休憩を取りましょう。」

みなさん、ブラウニーの回りに集まってくれました。

「この季節は行事が一杯でダイエットできないし、ブラウニーは美味しそうだけれどリッチだからねぇ。。。」と、困った顔の人にはちゃんと「ローファットなんですよ」などと、いろいろと説明をしました。「あらそう!だったら一つ。」とみなさん一つずつ食べて下さいました。口々に「ありがとう。」と言ってくれて、恥ずかし嬉しいsdkc。

ガシカシ、誰も美味しいとは言ってくれず~。

「ヘルシーブラウニーだから、一般のアメリカ人のひとにはやっぱり甘みが足りなかったかな。」なんて考えながら、「やっぱり既製品を買ってきた方が、味には間違いないしみなさんにももっと喜ばれたかも。」とか思いつつ、「でもやっぱり味はともかく、手作りという心を込めたことをアピールしないと。。。」「それにマシュマロのせを一度やってみたかったし~。」などと、一人会話を頭の中でしていました。「室内は涼しかったし、お腹の空く時間帯だったし、取りあえず何もないよりは良かったかな?」

ということでミーティングもようやく終わり、それぞれ帰途につきました。数人の人が最後にまた「ブラウニー有難う。」と言ってくれました。

親友のご主人が、「これせっかくだから家内に少しもらっていくね。」と、残ったブラウニーを数個持って帰ってくれました。

後片付けをして、ブラウニーも蓋をして、駐車場へ戻り夫が運転してくれて、帰路、残ったブラウニーを初めて食べたsdkc、

「前回ほどおいしくない~!」

これはみなさんお礼は言って下さっても、お世辞はわざわざ言わないわけです。マシュマロのカリカリっと焦げた部分は時間が経って湿ってしまいねっとりベタベタ、ブラウニーの食感の邪魔にすら思えました。

甘くねっとりとしたマシュマロの下のブラウニーは淡白で物足りないような、またマシュマロを焦すために長くオーブンに入れていた分乾燥して固く、なんともはや「決して美味しいわけではない」お菓子になっておりました。

sdkc「試作品を持っていくから!度胸があるのか、失礼なんだか。次は絶対に美味しいものを作って、名誉挽回しないと!!!」と自己反省。

翌日メールで親友のご主人が、「ブラウニー有難う。朝食に食べたよ。強いて言えば、もう一つ卵を入れてもいいかな~?」と優しい一言を。親友も「ブラウニー、甘すぎず丁度良かったし、マシュマロも美味しかったわよ。」と。

sdkc「マシュマロは懲りたけど、このブラウニーをマスターするぞ。」と表明。

by sdkc
スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
  コメント表示はスパム防止のため、管理人承認後となります。
しばらくお待ち下さい。
 


この記事へのトラックバックURL
http://sdkc.blog57.fc2.com/tb.php/138-9d027aac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。