--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.29

回鍋肉

hoikoro(4ー6人分)
豚肉 200g
キャベツ 240g
ピーマン中 2個
玉葱 小1個

にんにく 2かけ
豆板醤 小さじ2
オリーブオイル 小さじ2
合わせ調味料
 酒、醤油 大さじ2
 砂糖 小さじ1
テンメンジャン 大さじ2


  1. 豚肉を2ー3分チンして、冷ましておく。冷めたら出来るだけ薄くスライスする。

  2. キャベツピーマンを食べやすい大きさに切り、2分チンをしたら水を切る。

  3. フライパン(中華鍋)にオイルを入れ、豚肉を適当に炒める。

  4. 豚肉を寄せて、にんにく潰し器で潰したにんにくと、豆板醤を炒める。

  5. 玉葱キャベツピーマンを加えて炒める。

  6. 良く混ざったら、合わせ調味料を回し入れ、テンメンジャンを加えて炒めながら混ぜて出来上がり。


本来、回鍋肉(ホイコーロウ)は豚を茹でてから炒めるのですが、暑いのでチンしてしまいました。その代わり、固まり肉は薄く切りやすく、また炒めやすかったです。今回はTop Loinという豚肉の脂の少ない部分を使用したので、パサつきをごまかすために薄~くスライスしました。

オリジナルレシピには、豚バラ薄切り肉を沸騰した鍋でそれぞれがくっつかないように煮た後に、炒めていました。あと、玉葱でなくねぎ、サラダ油は大さじ11/2使用でした。

キャベツは長く炒めると思いっきり縮んで量が減りますが、歯ごたえが欲しい、くたくた野菜が良い
(野菜を量食べたい)など、お好みで加熱して炒めてください。

こちらのピーマン(グリーンペッパー)は肉厚の味無しなので、ピーマンにこだわらずセロリやブロッコリー、人参などを入れてみても美味しいと思います。ホイコーローからは更に遠ざかりますが。

テンメンジャン(
甜麺醤)は美味しい甘辛味噌ですが、私は日本食品店だと高いので、99ランチマーケットで買います。Sweet Bean Sauceとして売られています。(でもこの間は間違えて、Sweet Sesame Sauceを買って来ました...。)

WWポイントは、全部で16ポイントでした。いい感じです~。

回鍋肉、「基本の中華」オレンジページブックス、ISBN4-87303-108-7、p.22を多少アレンジ。
by sdkc
スポンサーサイト


この記事へのコメント
フジコサンかなりレパートリー増えてるね~

僕はお料理脱落組みになっちゃったけど、フジコサンが料理をがんばってる姿はかなり励みになります。
Posted by coolcuts at 2006.07.28 21:52 | 編集
coolcutsさん、有難うございます!

お皿洗いは苦にならないのですが、私はもともと料理は「出来ない、やらない、嫌い」でしたので、「料理をするのが好き」な男性と結婚したはずだったのですが。「あれはウソをついたんだ~。」と後で言われてしまいました...。

料理上手な実家の母など他に食事を作ってくれる人がいないので(当たり前ですが)、家で少しでも美味しめな物を口にするには、自分で作ってみるしかなくなったということなのです。

ですから、「アメリカのキッチンでアメリカの食材を使って、自分で苦手な料理をしなければならない」同じ様な情況の方々と励まし合いながら、お料理上手な方には励まされながら、「アメリカで料理する」をサバイバルしてゆこう!と、このブログを始めました。

説明が長くなりましたが、これからも頑張りますので、応援して下さると助かります!!
Posted by sdkc at 2006.07.29 09:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
  コメント表示はスパム防止のため、管理人承認後となります。
しばらくお待ち下さい。
 


この記事へのトラックバックURL
http://sdkc.blog57.fc2.com/tb.php/10-39944355
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。