--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.25

ココパウンドケーキ

CHPound3.jpg

ひろさんが以前コメントに残して下さったパウンドケーキのレシピを参考に、ココアパウンドケーキを焼いてみました。


ひろさんオリジナルの材料:
バター、砂糖、玉子、小麦粉100g(玉子は2個)
ベーキングパウダー、ブランデー少々

1 バターを白くなるまで練る。
2 砂糖を入れてさらに混ぜる。
3 玉子をいれてさらに混ぜる砂糖が完全に溶けるまで位に。
4 振った小麦粉BPをいれ混ぜなじませる。
5 香りつけにブランデードライフルーツもいれたらおいしいですよ。
  私はブランデーがないので、いつも日本酒と抹茶をいれてま~す。
6 170度(℃)で40分。

ただ焼き立てよりも二日くらいおいたほうがしっとりして旨いです!
しばらく持つので、私の場合は一週間分のおやつです。

さてsdkc、お酒がだめなのとフルーツケーキが苦手なので(!)、ひろさんには申し訳なく思いつつ、いつものごとくチョコレート版で作ってみました。が、チョコチップは入れずに、(そして抹茶よりお安い)ココアパウダーを入れました。

また、バターと砂糖も小麦粉と同じかなと思い、同量入れてみました。

さて、焼き上がったほくほくのココアパウンドケーキは、ちょっとばかり乾燥というかぱさぱさしておりました。

クッキーマスターの夫がコメント。
「オリジナルのレシピには、お酒などの水分が入るのでしょ。これには何も入っていないから、ぱさぱさになってしまったんだよ。チョコレート風味で作るのなら、次回はチョコレートシロップを加えるとしっとり仕上がるはずだ。」

お~、なるほど~。

CHPound.jpg

今回は仕方がないので、取り合えずホイップクリームを買ってきて一緒に美味しく食べることにしました。

翌日、小腹がすいたのでホイップクリームなしで一切。

するとどうでしょう!一晩経ったらしっとり感が強まっており、美味しくなっておりました。そう言えば、ひろさんのコメントにもそう書いてありました。。。

これはアブナイ。ホイップクリームを買ってくるまでに食べきってしまうかもしれない!ということで、sdkc手があき次第 ホイップクリームをゲットして参りました。

節約癖が出て、セールになっていたミラクルウィップライトを一つ、$1で買ってきました。

おもむろに
パウンドケーキを切り分け、クリームをのせて頂きました。

大変美味しゅうございました。

しいて言えば、
ミラクルウィップよりも缶ホイップの方が断然美味しいかなと。。。

ちなみにココアのことをアメリカではココと呼びます。カタカナ発音表記をしますと「コォウコォウ」という感じです。又は、コーコー。

(温かい)ココアが飲みたい=アイ ウォン(ト)サム ホッ(ト)コーコー(I want to have some hot coco.)

CHPound2.jpg

ひろさん、レシピのご紹介有難うございました。

by sdkc

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。