--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.13

カップケーキ

HWCC.jpg

ハロウィンと言えばすでに過去の行事(10/31)ですが、せっかくなので
ヘンリーズ(Henry's)のハロウィンカップケーキです。
(しばらくレシピではなく、商品紹介が続きそうです...。)

オレンジ黄色焦げ茶色)は、ハロウィンカラー
です。
この組み合わせはサンクスギビング(感謝祭)も同じです。

先日
帰国後(?)初めてヘンリーズに行った時に、夫が買いました。
ハロウィンの後に行ったので
、12個入り$1.99というセールでした。
もともと甘党ですし、
値段につられてしまったわけで...
「かなり甘いんだろうなぁ。」と思った通りの甘さでした。

カップケーキとはマフィンのようなものですが、
スポンジの上にアイシングという砂糖のクリームが乗っています。
このアイシングが、ヒジョウに甘いのです。

種類としては、スポンジの中にクリームやジャムが入ったり、スポンジ生地にチョコチップやフルーツ、ナッツ、スパイスが練り込んであったり、アイシングもクリームチーズや他の風味だったりと様々な組み合わせが出来ます。


デコレーションもいろいろと工夫されますし、カップケーキだけのクッキングブックも出ているくらいです。
カップケーキって可愛いし、なんだか見ているだけで楽しいんです。アメリカの人気焼き菓子の1つであるかと思われます。

今回のヘンリーズのカップケーキは、チョコレートのスポンジとチョコレートのクリームはともかく、オレンジ色のアイシングは、オレンジでもなければパンプキンでもキャロット味でもない、単なるオレンジ色のクリームでした。日本のお店だったら色と食材にこだわったりと、もっと凝ったものが作られるだろうに。


日本人は一般的にグルメ度が高く、舌が肥えているのではないでしょうか?全般的に、
食品やレストランでの食べ物の質が良くて美味しいと思います。もちろん美味しい物もありますが、アメリカはやはり量だけ多くて大味だという印象がまだあります。今回のカップケーキも値段もそうですが、色だけのクリームと強烈な甘さには、まさにアメリカという感じでした。

(でも買った翌日には、12個あったカップケーキを2人で食べ尽くしておりました...。)

カップケーキを自分で作るとしたら、もっと甘さ控えめでヘルシーなものまたはもうちょっと美味しいものをと思います。豆腐カップケーキとか?

涼しくなり、ベーキングの季節がやって参ります。。。

by sdkc

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。