--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.28

感謝祭

Turkey.jpg

11月22日木曜日は、感謝祭Thanksgiving Day)でありました。
11月の第3木曜日が
、毎年感謝祭となります。

今年は義両親宅にて、トラディショナルなホームメイドターキーディナーを頂きました。

各家庭毎に特徴はあるかと思いますが、
サンクスギビングディナーといいますと、焼きターキー、ターキーの詰め物スタッフィング、グレービーソース、クランベリーソース、旬の穀物に野菜(マッシュポテト、オレンジ色のヤム芋、コーン、さやいんげん等)というのが定番であるかと思います。

Turkey2.jpg

日本だとローストチキンはあっても、ローストターキーはなかなかありませんよね?私はこの普通の鶏よりも脂肪が少なく、大きな鳥なので身沢山な七面鳥の丸焼きが大好きです。。。

オーブンで数時間焼かれたターキーを、大変美味しく頂きました。

Turkey3.jpg

ターキーの残りは後日、ターキーサンドイッチ、ターキーサラダ、ターキースープ他、いろいろに再利用されながら楽しまれます。(またターキー?と、飽きてしまう人も多いそうですが。)

そして今回のデザートは。。。缶ホイップをかけて頂くパンプキンパイと市販のチョコレートクリームパイとが用意されておりました。

もちろんチョコレート派なので、チョコレートクリームパイを選びました。(余ったパンプキンパイは持って帰ることになっていましたし。)

今回はcoco'sのパイだったそうですが、義母曰く、Marie Callender'sの方が甘さ控えめで美味しいわとのこと。

ココスもマリーカレンダーもいろいろなパイも焼いているので、パイのあるファミレスといた感じです。どっちもどっちかと思いますし、日本で頂くパイやケーキに比べたら、生地は淡白でバターの風味すらしないですし、クリームやパイの中身も手作りの味はあまりしません。しかし、アメリカ庶民のパイ専門店みたいなもので、感謝祭などの祝日になるとパイを求めて人々が列を作るとか...。

それに値段と質でみてみますと、好みに合ったパイがあれば決して悪くはないかと思います。それなりに甘くて美味しゅうございました。

CPie.jpg


by sdkc

スポンサーサイト
2007.11.18

ヘンリーズのエコバック

HRSBag2.jpg

先日ヘンリーズ(Henry's)のレジにて、ヘンリーズのエコバックを衝動買いしてきました。

遅ればせながらsdkc、エコバックデビューです。

ちなみにこの手のキャンバスバックは、トートバック(tote bag)と呼ばれています。以前からエコ思考の人用に売られてはいましたが、昨今のエコブームによりますます目にする様になりました。

日本でもエコバック、マイバックとしてその活用が特にスーパーで増えてきたのではないでしょうか。

最近こちらで目についたお店のエコバックというと、ウィンターホリデーシーズンだからか、それぞれのお店のカラーだからなのか、ターゲット(Target)の折り畳みバックやメーシーズデパートメント(Macy's)のエコバックが真っ赤でなかなか可愛いのです。でも、持ち歩くにはちょっと勇気がいるような...。(ググッたのですが、これらの画像は残念ながら見つかりませんでした。)

それにエゴバック、大抵はお店の大きなロゴ入りなので宣伝にもなります。でも、違うお店で買い物するのに利用する時はちょっとという気もしますが。エコはエコですし、そんなことを気にする人なんかsdkcくらいでしょうか?


さて、ヘンリーズのエコバックの話に戻ります。
レジに並んでいたら、「マネージャーズ スペシャル $1.99」という札が目に入りました。普段は$4.99なのだそうで、夫と「どうせだったら」と目を合わせて即購入。レジの女の子もタグをとって、早速買ったものをさくさくとエコバックに詰めてくれました。

はいるはいる・・・。

何と、こんなにも入ってしまいました。

HRSBag3.jpg

グレープフルーツ3個、オレンジ4個、小振りの洋梨8個、小さいカンタロープ2個、中サイズ赤ジャガイモ6個、パプリカ2個、芽キャベツ沢山、セロリ1株、ニンジン1袋、ニンニク4つ、生姜、小玉葱1袋。

分厚くてがっしりとした作りでもなく思えたのですが、どっさりしっかり入りました。

これにバナナ7本、ブドウ1袋、パンケーキ他量り売り粉類3種、カップケーキ1箱をビニール袋に入れてもらい、お会計は$26弱でした。

ただ、値段につられて買った果物の何種類かはまだ熟れておらず、数日待たないとなりませんでした。でも、この値段でこの質ですから文句はいいません。ヘンリーズ様さまです。


ついでなので、ヘンリーズの近況もご報告。
私の留守中4ヶ月の間にどうなっていたかと申しますと...。

ヘンリーズ(Henry's)を以前に買収したワイルドオーツ(wild oats)というマーケットの会社が、夏にホールフーズ(Whole Foods)に結局買収されたそうです。その際、ヘンリーズはホールフーズではなく別にスマートアンドファイナル(Smart & Final)という他のスーパーマーケットに買収されたとのこと。

サンディエゴにスマートアンドファイナルのスーパーもありますが、何故かピンとこない(?)お店です。なのでこの話を聞いた時も、「は??」と思ってしまいました。その傘下に入ったヘンリーズですが、店員さん達はレイオフもなく以前と同じ条件で働き続けられ、お店自体もそのままを維持に近い状態だそうです。強いて言えば、店頭にならぶ食品のブランドが少し変わったり、お店の雰囲気もこぎれいになるとか。

こぎれいになるかどうかを期待するのはともかく、というより、別にヘンリーズはあれで十分愛嬌があると思いますが、ヘンリーズ愛好家達の期待に背かない方針で、どうやらこの先も続いてゆく様子です。「良かった~。」と胸を撫で下ろすsdkcでありました。だってホールフーズはとても素敵なお店ですが、お高いのですもの...。

by sdkc

2007.11.13

カップケーキ

HWCC.jpg

ハロウィンと言えばすでに過去の行事(10/31)ですが、せっかくなので
ヘンリーズ(Henry's)のハロウィンカップケーキです。
(しばらくレシピではなく、商品紹介が続きそうです...。)

オレンジ黄色焦げ茶色)は、ハロウィンカラー
です。
この組み合わせはサンクスギビング(感謝祭)も同じです。

先日
帰国後(?)初めてヘンリーズに行った時に、夫が買いました。
ハロウィンの後に行ったので
、12個入り$1.99というセールでした。
もともと甘党ですし、
値段につられてしまったわけで...
「かなり甘いんだろうなぁ。」と思った通りの甘さでした。

カップケーキとはマフィンのようなものですが、
スポンジの上にアイシングという砂糖のクリームが乗っています。
このアイシングが、ヒジョウに甘いのです。

種類としては、スポンジの中にクリームやジャムが入ったり、スポンジ生地にチョコチップやフルーツ、ナッツ、スパイスが練り込んであったり、アイシングもクリームチーズや他の風味だったりと様々な組み合わせが出来ます。


デコレーションもいろいろと工夫されますし、カップケーキだけのクッキングブックも出ているくらいです。
カップケーキって可愛いし、なんだか見ているだけで楽しいんです。アメリカの人気焼き菓子の1つであるかと思われます。

今回のヘンリーズのカップケーキは、チョコレートのスポンジとチョコレートのクリームはともかく、オレンジ色のアイシングは、オレンジでもなければパンプキンでもキャロット味でもない、単なるオレンジ色のクリームでした。日本のお店だったら色と食材にこだわったりと、もっと凝ったものが作られるだろうに。


日本人は一般的にグルメ度が高く、舌が肥えているのではないでしょうか?全般的に、
食品やレストランでの食べ物の質が良くて美味しいと思います。もちろん美味しい物もありますが、アメリカはやはり量だけ多くて大味だという印象がまだあります。今回のカップケーキも値段もそうですが、色だけのクリームと強烈な甘さには、まさにアメリカという感じでした。

(でも買った翌日には、12個あったカップケーキを2人で食べ尽くしておりました...。)

カップケーキを自分で作るとしたら、もっと甘さ控えめでヘルシーなものまたはもうちょっと美味しいものをと思います。豆腐カップケーキとか?

涼しくなり、ベーキングの季節がやって参ります。。。

by sdkc

2007.11.11

グリーンティーヨーグルト

GTY1.jpg

サンディエゴに戻り冷蔵庫で私を待っていたものは、
抹茶ヨーグルトでした。

ほとんど空になっていた冷蔵庫に、ポツンと入っていたのはヨーグルト。
でも定番のフルーツ味ではなくってグリーンティー味だったのです。

アメリカのヨーグルトの種類の数っていったらすごいんです。
なので、日本から戻って最初に目にしたヨーグルトが抹茶味というのには意表をつかれた感じでした。

久し振りの日本では、抹茶フレーバーの食品にそれはそれは沢山出会いました。
でも、抹茶ヨーグルトはなかったような。。。


そこでもちろん食べてみることに。
蓋をあけると、キウイフレーバーのような薄緑のヨーグルトが現れました。

抹茶と酸味のきいたヨーグルトの組み合わせがピンときませんでしたが、
抹茶の味がとても薄くて、曖昧な風味が合っていたといいますか。

夫も「悪くないでしょ?」と。

GTY2.jpg

ひとつ気になっていたのは、light yogurt と表示されていたことでした。
アメリカでは本来の(?)食品に対して、lightlowfreeと種類がさらに増えてきました。砂糖、塩分、脂肪やコレステロール、カロリーなどが、本来の食品よりも何%、何gと減らしてあるヘルシー思考の食品なのですが、
その為に人工甘味料や低脂肪使用となると、風味が落ちることが多々あります。なので、このライトヨーグルトもあまり味の方は期待していなかったのです。

でも、以外と美味しく頂けました!

このlucerneという主に乳製品を取り扱うブランドは、VONSに入っています。

他にどんな種類があるのか、早速VONSへ見に行きました。
普通、ライト、ノンファットとまぁいろいろな種類が並んでいました。
セールで1個60セントだったので、調子に乗ってブラックチェリー、トロピカルフルーツ、ストロベリーバナナ、グリーンティー、グリーンティーマンゴを買いました。

この中で、グリーンティーマンゴが一番私の口には合いました

是非お勧め!というわけではないですが、質・味・値段・(デザイン)と、好感の持てる商品だなぁと思いました。

by sdkc

2007.11.07

機内食



復活してから既に2週間半も経ってしまいました。
なんともう11月です。
木枯らしピューピュー、もうすぐ冬です。
が、サンディエゴには冬はあってないようなもの。
春夏秋春夏秋・・・と、季節は移り変わります。
でも、朝晩やビーチ沿いは結構気温が下がりますから、
ダウンのコートやジャケットを着ている人はいます。

4ヶ月振りに戻って来たサンディエゴですが、
ほうっと一息つこうとしたら、山火事で大変なことになりました。
幸い私は避難もせずにすみましたが、
サンディエゴの山火事ははっきり言って怖いです。
サンディエゴの秋=山火事注意 なのです。

さて、日本からの帰り道に、初めて機内食の写真を撮ってみました。
AAでしたから期待はしていませんでした。
行きの機内食は実際かなりまずかったです...。

しかし、出てきた夕飯はまずくなかったどころか、
そこそこ普通に食べられました!

AAplate1.jpg

日本で準備された食事だったから、美味しめだったのでしょうか?
私は「ビーフ オア チキン?」でチキンを選び、野菜と鶏のパスタでした。
お稲荷さんとエビのお寿司に、クスクスのサラダ(トマトの横の黄色いもの)も悪くはありませんでした。フルーツののったクリームタルトが、日本的な美味しさでありました。
ただ、天井の明かり(?)をつけなかったので、写真は上手く撮れませんでした。
(フォトショップで暗く写った写真を、一生懸命に修正しました...。)

成田からロスに飛びましたが、約9時間でありました。
行きは11時間はかかります。
飛行機の中では眠れるほうなのですが、普段は1時間毎に目を覚まします。
今回は3時間ぶっ続けで眠れました。
新記録です。

ロスが近付いて、着陸1時間半前頃に朝食が出て来ました。
(一番最初の写真です。)
果物と甘パン。
(行きの軽食に選んだピザがとってもまずかったのに比べると、)
これもシンプルでしたが、悪くはありませんでした。

『お飲み物はどうしますか?』
「コーヒーにミルクをたっくさん入れて下さい。」
とスチュワーデスさんにお願いをしたら、
『たっぷりね。』と、とってもたっぷり入れてくれました。

東京のあるスタバで、「ミルクを沢山入れたいので、その分コーヒーの量を1/3減らしてください。」と頼んだところ、可愛い店員さん(バリスタでしたっけ?)が笑顔で「は~い。」と言ったのに、出てきたコーヒーは1/5くらいしか減っていなかったのを思い出しました。

サンディエゴに戻り、早速入ったスタバで同じリクエストをしたんです。すると店員さんが、「だったら中サイズのコップに小サイズの量を入れましょうか?」と。!!!カ、カシコイ!!!と感激して、次からそうやって頼もう!と思っていたら・・・ 中サイズのコップにたっぷりとコーヒーが入って出て来ました。嬉しいやら悲しいやら。

と、話がスタバにそれましたが。

ロスの空港には予定より1時間も早く着いたのですが、タクシー(地上走行)を1時間していたら予定通りの到着となりました。

その後、ロスからサンディエゴに飛ぶ飛行機が「なかなか来なくて」、一時間余計に待つことに。ロスには結局、8amから1pmまでいたことになりました。

AAview.jpg

そして、これが車窓(機窓?)の景色です。
ロスからサンディエゴをつなぐ海岸線の様子です。
ロスからサンディエゴまで、街でつながっている感じです。
(ざっと東京から新潟県くらいの距離でしょうか??)
ただ西海岸は地震があるので(日本もありますが)、高層ビルが殆ど立っていません。同じ街でも密度が違います。
雲の向こうに見えるのは、ロッキー山脈です。(たぶん...。)

by sdkc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。