--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.18

エッグベネディクト

thecottage.jpg

久し振りにエッグベネディクトを食べました。家では作らないので、今回はボブとアンジー」のレシピサイトよりレシピを借りて参りました。

エッグベネディクト(
Eggs Benedict)とは、イングリッシュマフィンにハムとポーチドエッグをのせ、オランデーソースを掛けるといった具合です。オランデーソース(hollandaise)はホワイトソクリームソースというよりも、温かいマヨネーズソースといった感じです。(カロリーの高いお料理です~。)

材料4人分
エッグベネディクト 1,153 kcal
・卵 8個
・イングリッシュマフィン 1/2x8個
・ボーンハム 200g
オランデーズソース
・卵黄 6古文
・澄ましバター 400cc
・レモン汁 1/2個分
・塩・こしょう 少々

手順
<エッグベネディクトをつくります>
(1) ポーチドエッグを作る。
(2) イングリッシュマフィンは上下半分に割り、軽くトーストする。

<オランデーズソースをつくります>
(3) ボウルに卵黄を入れて湯せんする。塩、こしょうを入れ、澄ましバターを少しずつ加え、マヨネーズ状になるまでかき混ぜる。最後にレモン汁を入れる。
(4) イングリッシュマフィンの上にボーンハムとポーチドエッグを順にのせ、全体にオランデーズソースをかける。
__________


The Cottageというラホヤ(La Jolla)にあるレストランの朝食メニューで頂いたエッグベネディクトですが、これ一品で$9.95(+チップ)でした。The Cottageというレストランは、サザンカリフォルニアダイニングということで南カリフォルニア家庭料理のお店なのですが、南カリフォルニアというとメキシコの影響もありといった感じなのでしょうか?実はまだ南カリフォルニア家庭料理をよくわかっていない私です...。でもエッグベネディクトは普通どこにでもあります。

お料理の方は
良くもなく悪くもなく。でも「この値段でこの質と量?」ということで少々がっかりでした。ちなみにお皿はすりきずがつきまくっている白くて分厚い学生食堂でよくでるお皿でした。そのお皿に、カナディアンベーコン入りエッグベネディクト2つ、単純なポテト炒め、オレンジとメロンの薄切りがのっているだけでした。

thecottage2.jpgラホヤは海岸沿いの小さくてきれいな町ですから、観光地としてサンディエゴでは有名です。なので物価が高いのは分かりますが、ランチ(ブレックファースト)メニューで一品がこの値段。中西部で10年以上過ごした私には、まだ高く感じられてしまいます。

がしかし、このThe Cottageは数あるラホヤのレストランの中から2006年ベストランチに選ばれた人気のお店でもあります。ですからランチには「これはいける!!」というものがあるのかもしれません。

HPでメニューを見かえしてみたら、確かにもう少し美味しそうなエッグベネディクトもありました。が、朝、昼単品で
チップ前$10以上なんて、やっぱり高い。。。でもベストランチというタイトルが気になるので、懲りずに機会があったらまた行ってみるかもしれません。

地元の方などでここのメニューのお勧めがある方がいらしたら、是非教えて下さい!

by sdkc

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。