--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.06

スパゲッティ・ナポリタン

napolitan.jpg(4人前)
スパゲッティ 360g
ターキーハム 3枚
玉葱 小1/3個
ピーマン 3個
マーガリン 大さじ1
<トマトソース>
マーガリン 大さじ1
ベーコン 2枚
玉葱 1個
マッシュルーム 30g
小麦粉 大さじ2
チキンブイオンの素 1個分
水 1カップ
トマトペースト 1/2カップ
ローリエ 1枚
トマトケチャップ 大さじ2
粉チーズ 適量
胡椒 適量
(日本の計量カップ使用)


  1. フライパンでマーガリンと短冊切りターキーハム、薄切り玉葱、細切りピーマンを炒めます。お好みのピーマンの固さになったら(私はかなりしゅんとするまで炒めました)、別のお皿に取りわけておきます。

  2. トマトソースを作る。1のフライパンにマーガリンを入れ、短冊切りベーコン、それぞれみじん切りにした玉葱マッシュルームを適当に炒めます。

  3. 小麦粉を足して混ぜ炒めます。

  4. ブイオンの素トマトペースト胡椒を加えて混ぜます。

  5. ローリエトマトケチャップを加えて、煮込みます。

  6. 5に1を混ぜます。

  7. 茹でたスパゲッティを6に入れて混ぜ合わせ、粉チーズを掛けてひと混ぜしたら出来上がり。


オリジナルレシピには、ロースハム、赤パプリカ、トマトピューレ、バター、そしてパセリを最後に使用とありました。トマトピューレトマトペーストは目にした説明書きが似ていたので代用しまし たが、トマトピューレの方が汁っぽくうすい感じで、ペーストだともっと凝縮されて固い感じがします。はっきりとした違いは未だに分かっていません。ちなみにアメリカではコスコに行っても、トマトホール缶、トマトソース缶、トマトシチュー缶、そしてトマトペースト缶を見掛けるだけで、トマトピューレって普段気にしていないせいかもしれませんが、ないような気がします...。

それから、赤パプリカ赤ピーマンを今まで同じものと思っていました...。赤パプリカがこちらのスーパーにある大きな赤いピーマンのことで、赤ピーマンは日本のピーマンサイズのものだそうです。ということは、こち らのスーパーには赤ピーマンはないところが多いということでしょうか。その代わり、ハラペーニョなどの赤唐辛子が、赤に限らずオレンジ、黄色、緑、黄緑と大中小、形も様々にお店にならんでいます。所変わればで、野菜の大きさも変わります。

そしてそのピーマンですが、「ピーマン」とこちらの人に言っても絶対に通じません。しかしこちらの「グリーンペッパー」となると巨大な緑ピーマンですので、日本の小さくてひきしまり風味の強いピーマンは、日本食品店やアジア食品店に行かない と手に入らないかと思います。が、探したことがないので実際の所はわかりません。

こちらのグリーンペッパー(ピーマン)は大きくて、肉厚で、どちらかというと甘くて、ピーマンくささ(?)が殆どありません。生のまま千切りや細い輪切りにして、サラダにのってくる事もあります。

さて今回のナポリタンですが、これまた初挑戦。簡単そうに見えたレシピが実はかなり面倒で。出来上がった物も印象がちょっと違って。日本の材料を使わないと、このレシピでは上手くゆかないのかな?なんてあまり美味しくはできませんでした。。。(涙)

ケチャップの量が少なくて、トマトソースを別に作ると言う部分は好感(?)が持てたのですが、そもそも小麦粉がナポリタンにこんなに入るものなのでしょうか?最後ソースとパスタを絡めた際にベドッとする感じになり、口当たりもねっとりという感じでありました。

ロースハムの代わりにヘルシーなターキーハムを使ったのはともかく、今回うちで問題だと思ったのはベーコンでした。コスコで買ってきて今まで使用していたベーコンは、母に指摘されて納得したのですが、
肉が少なく脂が殆どという種類の朝食に出される「カリカリベーコン用」でした。ベーコンだけ先ず炒める場合は出て来た脂を捨てられますが、他の物を混ぜながら炒めるとなると...。ですから今回のナポリタンは、ベーコンの脂っぽさがもったりとする感じとなったわけなのです。以後気を付けたいと思う、うちのべーコン事情でした。まだ大きなパックが1つ、冷凍庫で眠っています...。(ちなみにこのカリカリベーコンの作り方は、ペーパータオルをしいたお皿の上に乗せてしばらくチンをすると、脂が出てカリカリになるのです。)

次回ナポリタンを作る気分になったら、クックパッドで検索してからにするつもりです。

WWのポイントは、お肉が沢山入らないトマト系のソースに絡めるパスタだったので、「全体」で粉チーズを掛ける前ですが、たったの7.5ポイントでありました。粉チーズは小さじ2杯が1ポイントで、パスタは今回は少し大めで1人分6.42ポイントでした。私はチーズ、ソース、パスタで約8.5ポイントとなりました。

スパゲッティ・ナポリタン、「初めての日本の洋食 基本とコツ」西東社、ISBN4-7916-1067-9、p.128を参考。

by sdkc

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。