--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.24

ハートランド ビーフスープ

beefflour2.jpg(3ー4人前)
牛肉 225g
玉葱 1/2カップ
人参 1/2カップ
セロリ 1/2カップ
マッシュルーム 1/2カップ
冷凍グリンピース 1カップ
トマト缶 212g
小麦粉 1/2カップ
乾燥バジル 小さじ1
ガーリックソルト 小さじ1/4
ウスターソース 小さじ2
ビーフブイオン 小さじ2
マーガリン 大さじ4
オリーブオイル 小さじ1
水 4カップ
胡椒 小さじ1/8
塩 適量
(アメリカサイズ計量カップ)


  1. サイコロ状に牛肉を切ったらガーリックソルト胡椒を振りかけ、鍋で約3分炒める。脂が出たら捨て、牛肉は他の器によけておく。

  2. 同じ鍋に、マーガリン、ざく切り玉葱人参セロリを玉葱が柔らかくなるまで炒める。

  3. 小麦粉を入れて混ぜ合わせる。

  4. 様子を見ながらを一気に加え、スープがドロッとし煮立ってグツッというまでよくかき混ぜる。

  5. 具を刻んだトマト缶汁ごと、マッシュルームバジルブイオンウスターソースを加えて混ぜる。

  6. 牛肉グリーンピースを加えて混ぜ、火を少し弱めたら、5分蓋をして煮込む。

  7. 加減が足りない場合は、塩を適量に加える。


今回はなんとも不思議なスープを作りました。小麦粉をこんなにたっぷり入れるなんて...。水を足してから残りの材料を入れてかき混ぜている時、魔女にでもなった気分でした。(→窯でグツグツと煮える怪しいスープを、魔女がニヤニヤしながら木しゃくしでゆっくりとかき混ぜる光景。)楽しいような、しかしこれで大丈夫なのかと...。

出来上がったスープは、ようするにポタージュのような舌触りでトロッとしていました。少し酸味があるようで、とにかく私は今迄に食べた事のないスープに感じながら複雑な気分(?)で食べていたのですが、隣で主人はお塩を振りかけながら、「こりゃおいしい!!!」とあっというまに二杯目のおかわりをしていました。アメリカ風のスープということでしょうか!?

beefflour.jpg私は牛の固まり肉を利用したので、最初からサイコロ状に切ってしまいました。が、オリジナルレシピでは、約113gのビフテキ用牛肉を2枚にガーリックソルトと胡椒をふりかけ、フライパンで約3分一度だけひっくりかえすようにして焼いた後に、サイコロ状に切っておくとありました。

またオリジナルレシピでは、マッシュルームの代わりに冷凍ベビーリマビーンズやコーンが使用されていました。コーンの甘みが、このスープにはプラスになると思います。あと、ジャガイモが入っても美味しいだろうと思いました。

アメリカではステーキ用のビーフも簡単に手に入りますので、このような贅沢なスープも家庭で簡単スープとして作れるのでしょう。それに、一日中力仕事をする農家や牧場など、また開拓時大のカ—ボイ達などは、朝からビプテキなど一日しっかりと腹持ちのする朝食をとっていたようですから、この様なスープが現れるのも納得です。

WWのポイントは、全部の量で20.5ポイントと低めでした。


Heartland Steak and Vegetable Soup、「Easy Dinners SOUPS & STEWS」by Carrie Holcomb、Barns & Noble、ISBN 0-7607-6955-9、p.54より。
by sdkc

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。