--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.02

Point Loma

PtLoma.jpg
A HAPPY NEW YEAR!!

新年 明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。


2008年がやってまいりました。皆様良いお正月をお迎えですか?ちなみにサンディエゴの元旦の予想気温は・・・
23/7.7℃74/46°F)です。

アメリカではニューイヤーズデーは祝日ですが、日本の様には盛り上がりません。ニューイヤーズイブのカウントダウンをさらっとして皆お家に帰り、元旦は初詣、年賀状、おせち、書き初め、お年玉、福袋、初売り等など何
もなく、一体一般のアメリカ人は何をしているのでしょう!?

思い付くのは、元旦にはフットボールの各試合が行われるので、フットボールファンはお家でテレビに向かっているのかもしれません。また、大学フットボールの試合の一つローズボウルの有名なパレードが、カリフォルニアはパサディーナという街で朝から行われます。しかし、全国民がテレビに釘付けになるわけでもなく...。

ということで、アメリカナイズされたsdkcも元旦はいつもの祝日と変わらず。予定はありません。なので、12月に初めて行ったポイント ロマ Point Lomaでの後光カブリヨ ショットを、新年の最初の一枚にさせて頂きました。

サンディエゴの岬、ダウンタウンの向い側西と言いますか、空港の先と言いますか、ポイントロマという町があります。その先端がカブリヨ ナショナル モニュメントという国立公園になっていて、カブリヨ像、オールドポイントロマ灯台、タイドプール(tidepool 岩場で
潮が引いた際にできる潮溜り)、冬の鯨ウォッチングなどで有名な観光地となっています。

ただ入場料が車一台$5というので、けちなsdkcは
サンディエゴに引っ越して以来一度も足を踏み入れた事がありませんでした。幸いお友達が「まだ行ったことないの!?だったら行きましょう!!」と誘って下さり、ようやくカブリヨの像を拝んできました。

ちなみに車一台$5という入場料、7日間有効なのです。
国立公園だからなのか、不思議な制度です。

観光シーズンにはかなり人が来るのだそうですが、12月の始めオフシーズン平日ということもあり、小学生のスクールバスが一台止まっていただけでした。散歩や観光をする人はほんのちらほら。

駐車場からまずビジターセンターに行き、その側に立っているカリブヨ像を拝みました。見晴しが良くて、サンディエゴのダウンタウンからメキシコまでが一気に眺められました。

カブリヨ像についてほんの少し説明を。本名Juan Rodriguez Cabrillo(ホアン・ロドリゲス・カブリヨ)。コロンブスがアメリカ大陸を発見した50年後、ポルトガル人カブリヨがヨーロッパ人として初めてアメリカ西海岸に上陸を果たしました。ロスでもサンフランシスコでもシアトルでもなくこのサンディエゴが、現在アメリカ西海岸文化の発祥の地だったのです!

ということで、ポイントロマ岬にカブリヨの像が立ち、今でもサンディエゴ湾と太平洋を見下ろしているという訳なのであります。


PtLoma3.jpg

上の写真中央若干右寄りの位置に、白いカブリヨ像が立っています。その奥のビル群がサンディエゴのダウンタウンです。手前の茶色い部分は、アメリカ海軍航空基地となっています。(トムクルーズの『トップガン』はサンディエゴでロケされました。)

ビジターセンター、カブリヨ像から徒歩で岬の方へのぼってゆくと、オールドポイントロマ灯台があります。今では利用されていませんが、運営当時に住んでいた灯台の守り主とその家族が暮らした様子が展示されています。


この灯台の少し先、
岬の西には太平洋の水平線がばっちりと見渡せます。ここから太平洋を冬に移動する鯨を見ることが出来るのだそうです。

ゆるりとした坂をのぼったり散策を少しする感じで歩き回れますが、ビジターセンター、カブリヨ像、灯台の他には何もない場所です。次いでに、岬も先端までは行かれません。しかし、サンディエゴの街の雑踏を下界背後に、かなりすがすがしい気分になりました。

ポイントロマの町は、ヨットハーバーがあり釣り船も停泊しています。シーフードのレストランもあるので、一度そこでシーフードをと思っているのですが。。。今年行けるかな?

PtLoma4.jpg

National Park Service Cabrillo National Momument
英語オンリーですが、オフィシャルHPです。
ビジターセンターには、日本語の説明チラシもおいてあります。

by sdkc

スポンサーサイト
2007.12.26

クリスマスディナー

HamDinner.jpg

12月25日、クリスマスです。

今年もまた義両親宅にてささやかにお祝いをしてきました。
風邪気味だった義母も咳こみはありましたが、昨夜より遥かに良くなっていたので楽しめました。

実はsdkc、食べ過ぎてもう目がまわりそうなんです。
なので今回はさらっとご報告。

クリスマスのディナーは、ハニーベークドハムとローストターキーの二種類を、ハニーベークドハムのお店で購入。付け合わせは、スタッフィング、ヤム、トウモロコシ、オリーブ、クランベリーソース、グレービーでした。


ハムもターキーも甘くて美味しかったのですが、多分一番私が感激していたのではという雰囲気でした。

PumpkinPIe.jpg

そして、デザートは義母の焼いたパンプキンパイ。クローブが多すぎたと言っていましたが、「お腹はち切れそう。」と言いながらsdkcは美味しく頂きました。

今日もとっても穏やかな一日でした。明日からまた寒くなるみたいですが、やはりサンディエゴは気候が良い所です。

それでは、年明けまであと一週間。皆様、お体に気を付けてお過ごし下さい!!

by sdkc

2007.12.24

クリスマス ライトアップ

Xlight1.jpg

12月24日はクリスマスイブの日です。日本の皆さんは既にクリスマス当日ですね。良いクリスマスをお迎えでしょうか?

sdkc、今年は義母が風邪気味になってしまったので、義父と夫と3人でクリスマスイブのディナーと、住宅街のクリスマスライトアップ(日本語だと響きのなんだかコワイ『電飾』ですね)を観て回る夜のドライブに行ってきました。

ディナーはちなみにファミレスのアップルビーで、皆揃ってサラダを注文。明日クリスマス当日に御馳走をお家で頂くからと、カジュアルヘルシーに。この写真は後日また。

Xlight6.jpg

毎年まわる電飾で有名な住宅街を、今年も数カ所観てまわりました。が、不景気のせいで例年の盛り上がりに少しかけていました。でも、沢山の豆電球がいろとりどり、やっぱり年に一度のクリスマスですから、それなりにとても幻想的で奇麗でありました。

Xlight2.jpg

ただ、沢山撮った写真の殆どがピンボケで、ここに載せられるのはほんの一部です。少しでも雰囲気が伝わると良いですが。

Xlight5.jpg

サンディエゴは今日もまたとても穏やかな一日となり、夜のドライブも電飾めぐりもとても気持ち良く程よい寒さでありました。ハワイ、フロリダ、そしてサンディエゴならではの、暖かいクリスマスです。(アリゾナやニューメキシコなども大分暖かいのかしら?)

Xlight3.jpg

それにしても、これだけの電球を何日も灯し続けるとなると、電気代も相当なものかと思われます。それにしても奇麗な光景に日本育ちの私は、未だに「レストランみたい。」とか、「リゾートホテルみたい。」などというコメントを口にします。

Xlight4.jpg

明日はいよいよクリスマス。先ほど風邪気味の義母も食べられるかな?と、杏仁豆腐、チャイ、ローファットチョコレートブラウニーを一気に作りました。あとは、トレーダージョーズで買ってきたザクロソーダとローファットピタクラッカー?のおつまみを持参していきます。

ちなみに昨夜はミントチョコチップクッキーをクリスマスクッキーとして焼いて、今日義両親宅に置いてきました。代わりにチョコレートファッジをもらってきました。

それでは在米の皆様、良いクリスマスをお迎え下さい。
日本の皆様、クリスマスの様子は次回また。

by sdkc

2007.12.18

カンタベリー・ガーデンズ

canterbury1.jpg

今回は、サンディエゴは北のエスカンディード(Escondido)にあるクリスマスのお店のご紹介です。

カンタベリー・ガーデンズ(
Canterbury Gardensといいまして、南からのアクセスだと高速15号線をCenter City Pkwy Exitでおりて、田舎道(それでも昔の国道)をちょこっと走りさらに右手にくる(?)もっと田舎の道に入って(!?)わりとすぐの田舎チックなレストランを過ぎた右手にあるのですが、初めて行った時には「こんなところなの?」という印象だった、シンプルな見かけのお店であります。

そういえば
外から見えるお店のクリスマス唯一のシンボルである屋根のサンタさんを、昨年は写真に撮りました。(写真はリンクしたページの下の方にあります。)

しかしお店の中にはいると。。。

canterbury2.jpg

所狭しにクリスマスツリーとクリスマスデコレーションやオーナメントが飾られています。

お店のホームページにも店内の写真が沢山出ていますので、そちらを見られるだけでも楽しいかと思います。(→ Store Gallery

今年は去年より商品が少なめだったような気もしましたが、すでに多くが売れてしまったのかもしれません。それでも、とても見応えがありました。

前回ご紹介したCity Lightsとの違いは、こちらの方はエレガントな雰囲気です。レストランやホテルの一角にあるようなクリスマスツリーが、何本も飾られています。見るだけでうっとりの、素敵なお店です。しかし雰囲気もおいてある物も結構違いますので、お時間のある方は是非両方共行かれてみて下さい。

小さいといえば小さいお店ではあるのですが、sdkcの感覚としてはちょっと足を伸ばす価値はあるのではないかと。。。

canterbury3.jpg

このツリーは、サンタと紅白がテーマのツリーでした。動物柄、一番始めの写真にある海、金色、鳥、スポーツ、キャラクター、お菓子、手描きガラスオーナメント、天使、他テーマ別のツリーがいろいろと飾られています。こちらも模型の汽車と街がお店の一角にあります。(模型の汽車と街シリーズは、City Lightsの方が豪華です。)

確か、同じ道(もと国道)を北に少しだけさらに走ると、カンタベリーと反対側にトレーダージョーズがありますし(ストリップモールの端の方なので、見えにくいかもしれません)、そのまま北へ行くとエスコンディードの街に入ります。お店などいろいろとあるみたいですから、足を伸ばしがてらエスコンディードを散策されても良いかもしれません。

クリスマスまであと約一週間ですね。

by sdkc

2007.12.15

クリスマスオーナメント

DBornament.jpg

義両親と恒例のクリスマスオーナメントハント(クリスマスツリーの飾り狩り)へ行って参りました。

サンディエゴには数カ所クリスマスオーナメント専門店がありますが、今回はダウンタウンの方角にあるCity Lightsというお店に足を運びました。

溜め息の思わず出てしまうような、ありとあらゆる
色とりどりなデザインのクリスマスオーナメントが、お店の中を埋め尽くしていました。

ぐるぐるぐるぐると、さんざん時間を掛けて見てまわりました。

今年はこの
ベーキングに情熱を抱いたsdkcの記念として、ドーボーイのオーナメントを選びました。ベーキングフード会社のPillsburyのキャラクターです。

Doughboyという名前は、ベーキングの生地(dough)でできている少年という意味で、絵本に出てくるジンジャーブレッドボーイみたいなものです。

ちなみにsdkcは、可愛いキャラクターグッズも未だに好きです。
いつまでも子供の頃の好奇心を大切に。。。(と、ものは言い様ですが。)

ただこのドーボーイ、テレビのCMに登場するのですが声を聞くとがっかりなのです。ガーフィールドやクマのプーサン同様、オジサンなんです・・・。


ドーボーイのオーナメントは数種類ありましたが、選んだものは
丁度クリスマスクッキーの代表、ジンジャーブレッドボーイとクリスマスツリーをかたどったカップケーキを抱えているもので、この冬のテーマにまさにピッタリでありました。

ざっくばらんにこのオーナメント、$3.99しました(plus tax)。数あるオーナメントの中では、安い方でした。

クリスマスオーナメントといえども手作りや、手書きのブランド物のガラスオーナメントになると、数百ドルします。一般に良い感じのオーナメントは10ドル以上、ちょっと凝ったオーナメントは30ドル。中国製の安いものだと2ドルくらいのものもあります。

(実はこのドーボーイもメイドインチャイナです。でも今時、中国製でないものを探す方が大変なんですというか、予算があるので難かしいのです。ちまたでは中国製子供のおもちゃに鉛の顔料が使用されている、と、このシーズン子供の
クリスマスレゼントになるおもちゃが大問題となっています。が、私はオーナメントをなめて楽しむつもりはありませんので、片目をつぶってよしとしました。)

サンディエゴ在住の方でまだこのお店に行ったことのない方は、是非一度いらしてみて下さい。強いて言いますと、ほ~んの一部ハロウィンのコーナーやセントパトリックの人形もおいてあります。でもこの時期は99.7%クリスマス関係です。またセールになっているものもありますから、全てが定価でお高いわけでもありません。でもすっごく安くもありません。

また、感謝祭前後からクリスマスグッズを買い始める人が多いですから、良いものは既に売り切れていますし、品数も減ってきています。でもまだまだ沢山ありました。(*実は9日の日曜日に行きましたので、あれからまた大分品数が減ったかもわかりません。でも見る価値はまだあるかと思います。)


by sdkc

2007.11.28

感謝祭

Turkey.jpg

11月22日木曜日は、感謝祭Thanksgiving Day)でありました。
11月の第3木曜日が
、毎年感謝祭となります。

今年は義両親宅にて、トラディショナルなホームメイドターキーディナーを頂きました。

各家庭毎に特徴はあるかと思いますが、
サンクスギビングディナーといいますと、焼きターキー、ターキーの詰め物スタッフィング、グレービーソース、クランベリーソース、旬の穀物に野菜(マッシュポテト、オレンジ色のヤム芋、コーン、さやいんげん等)というのが定番であるかと思います。

Turkey2.jpg

日本だとローストチキンはあっても、ローストターキーはなかなかありませんよね?私はこの普通の鶏よりも脂肪が少なく、大きな鳥なので身沢山な七面鳥の丸焼きが大好きです。。。

オーブンで数時間焼かれたターキーを、大変美味しく頂きました。

Turkey3.jpg

ターキーの残りは後日、ターキーサンドイッチ、ターキーサラダ、ターキースープ他、いろいろに再利用されながら楽しまれます。(またターキー?と、飽きてしまう人も多いそうですが。)

そして今回のデザートは。。。缶ホイップをかけて頂くパンプキンパイと市販のチョコレートクリームパイとが用意されておりました。

もちろんチョコレート派なので、チョコレートクリームパイを選びました。(余ったパンプキンパイは持って帰ることになっていましたし。)

今回はcoco'sのパイだったそうですが、義母曰く、Marie Callender'sの方が甘さ控えめで美味しいわとのこと。

ココスもマリーカレンダーもいろいろなパイも焼いているので、パイのあるファミレスといた感じです。どっちもどっちかと思いますし、日本で頂くパイやケーキに比べたら、生地は淡白でバターの風味すらしないですし、クリームやパイの中身も手作りの味はあまりしません。しかし、アメリカ庶民のパイ専門店みたいなもので、感謝祭などの祝日になるとパイを求めて人々が列を作るとか...。

それに値段と質でみてみますと、好みに合ったパイがあれば決して悪くはないかと思います。それなりに甘くて美味しゅうございました。

CPie.jpg


by sdkc

2007.11.18

ヘンリーズのエコバック

HRSBag2.jpg

先日ヘンリーズ(Henry's)のレジにて、ヘンリーズのエコバックを衝動買いしてきました。

遅ればせながらsdkc、エコバックデビューです。

ちなみにこの手のキャンバスバックは、トートバック(tote bag)と呼ばれています。以前からエコ思考の人用に売られてはいましたが、昨今のエコブームによりますます目にする様になりました。

日本でもエコバック、マイバックとしてその活用が特にスーパーで増えてきたのではないでしょうか。

最近こちらで目についたお店のエコバックというと、ウィンターホリデーシーズンだからか、それぞれのお店のカラーだからなのか、ターゲット(Target)の折り畳みバックやメーシーズデパートメント(Macy's)のエコバックが真っ赤でなかなか可愛いのです。でも、持ち歩くにはちょっと勇気がいるような...。(ググッたのですが、これらの画像は残念ながら見つかりませんでした。)

それにエゴバック、大抵はお店の大きなロゴ入りなので宣伝にもなります。でも、違うお店で買い物するのに利用する時はちょっとという気もしますが。エコはエコですし、そんなことを気にする人なんかsdkcくらいでしょうか?


さて、ヘンリーズのエコバックの話に戻ります。
レジに並んでいたら、「マネージャーズ スペシャル $1.99」という札が目に入りました。普段は$4.99なのだそうで、夫と「どうせだったら」と目を合わせて即購入。レジの女の子もタグをとって、早速買ったものをさくさくとエコバックに詰めてくれました。

はいるはいる・・・。

何と、こんなにも入ってしまいました。

HRSBag3.jpg

グレープフルーツ3個、オレンジ4個、小振りの洋梨8個、小さいカンタロープ2個、中サイズ赤ジャガイモ6個、パプリカ2個、芽キャベツ沢山、セロリ1株、ニンジン1袋、ニンニク4つ、生姜、小玉葱1袋。

分厚くてがっしりとした作りでもなく思えたのですが、どっさりしっかり入りました。

これにバナナ7本、ブドウ1袋、パンケーキ他量り売り粉類3種、カップケーキ1箱をビニール袋に入れてもらい、お会計は$26弱でした。

ただ、値段につられて買った果物の何種類かはまだ熟れておらず、数日待たないとなりませんでした。でも、この値段でこの質ですから文句はいいません。ヘンリーズ様さまです。


ついでなので、ヘンリーズの近況もご報告。
私の留守中4ヶ月の間にどうなっていたかと申しますと...。

ヘンリーズ(Henry's)を以前に買収したワイルドオーツ(wild oats)というマーケットの会社が、夏にホールフーズ(Whole Foods)に結局買収されたそうです。その際、ヘンリーズはホールフーズではなく別にスマートアンドファイナル(Smart & Final)という他のスーパーマーケットに買収されたとのこと。

サンディエゴにスマートアンドファイナルのスーパーもありますが、何故かピンとこない(?)お店です。なのでこの話を聞いた時も、「は??」と思ってしまいました。その傘下に入ったヘンリーズですが、店員さん達はレイオフもなく以前と同じ条件で働き続けられ、お店自体もそのままを維持に近い状態だそうです。強いて言えば、店頭にならぶ食品のブランドが少し変わったり、お店の雰囲気もこぎれいになるとか。

こぎれいになるかどうかを期待するのはともかく、というより、別にヘンリーズはあれで十分愛嬌があると思いますが、ヘンリーズ愛好家達の期待に背かない方針で、どうやらこの先も続いてゆく様子です。「良かった~。」と胸を撫で下ろすsdkcでありました。だってホールフーズはとても素敵なお店ですが、お高いのですもの...。

by sdkc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。