--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.01

赤キャベツの豚肉煮

redcabbage.jpg
ここのところ突然忙しくなり、更新ができていないsdkcです。
皆様、お変わりなくお過ごしですか?

さて先日、久し振りに赤キャベツなるものを買ってきました。

お料理の本でレシピを探したら、リンゴが入るものならあったのですが、リンゴはうちになかったので、入らないレシピを挑戦することに。

ドイツの豚肉お料理だそうであります。
材料:(2人前)
赤キャベツ 350g
豚肉 350g
タマネギ 100g
赤ワイン  250ml
クローブ  1個
ローリエ 1枚
チキンブイオン粉  小さじ半分
油 適量
塩、胡椒 適量
  1. 適当に切った豚肉と荒みじんのタマネギを鍋で油とよく炒める。
  2. 赤ワインクローブローリエチキンブイヨン粉塩胡椒を加えて沸騰させたら、蓋を閉めてくつくつと30分煮込む。
  3. 短冊切りにした赤キャベツをお肉の上にのせて、蓋を閉めて30分煮込む。
  4. 全体を混ぜたら、塩胡椒で味を調える。
これと茹でたジャガイモを頂くのがドイツ風とあったので、そうしました。それから、ポイントとしてキャベツを細く切り過ぎない方が良いとありました。

塩胡椒を自分でたっぷりと掛け、夫は大喜びで食しておりました。赤キャベツと赤ワインの赤い感じがなんとなく慣れなかったのですが、とても美味しく頂きました。

Pork Gulasch/ドイツ料理  by NANA617さん、COOKPADより。
http://cookpad.com/recipe/480052

by sdkc

スポンサーサイト
2008.03.30

オレンジポークンビーンズ

OrangePorkenBeans.jpg
今回は、以前ヘンリーズのセールでまとめ買いをした豆缶を元に、ポークンビーンズの新しいレシピに挑戦してみました。

オレンジの皮を削って入れるのです。

材料はなるべくレシピに従おうとしたものの、ヘンリーズのセールで買ってあった赤ピーマンを緑ピーマンの代わりに使ったので、とても赤々とした一品となりました。
材料:
白インゲン豆缶 200g
豚肉 600g
玉葱 1個
にんにく 3片
トマト缶 400g
赤ピーマン 大1個
オレンジの皮を削ったもの 1個分
塩胡椒
パセリ
  1. 1口大にした豚肉を炒めたら、お皿によけます。
  2. スライスした玉葱を3分炒めたら、にんにくを加えて2分炒め、豚肉をもどし入れます。
  3. トマト缶を加えて沸騰させたら、赤ピーマンオレンジの皮、汁をきった豆缶を入れて45分ほど煮込みます。
  4. 最後に塩胡椒で味をととのえ、パセリを振りかけて出来上がりです。
と、オレンジの皮を剃って入れるのですが、これは多分お料理用語があるのだと思います。それに、皮削り用器具もあるのでしょう。が、私はお料理の本の写真の状態になるようにと、手の平より小さなおろし板(?)で、オレンジの皮をひたすらこすりました...。なんだか上手くゆかず、かなり時間がかかりました。

お料理の本の写真にある分量になるよう、一生懸命にオレンジの皮をおろしました。そして、お鍋に入れた時にはさすがにとても良い香りが漂い、努力の甲斐があるってものだとsdkc 一人で満足していました。

煮込み終わって夕飯タイム、ドキドキしながらポークンビーンズオレンジ風味をお皿によそって、「いただきます!」夫は無口のまま、さっさと食べ終わりました。

なんとまぁ、オレンジの皮の味が全面に出ていて、かなり強烈な風味でした・・・。
OrangePorkenBeans2.jpg
ということで、興味のある方はオレンジの量を減らすと宜しいかと思います。といっても、オレンジの大きさにも皮の削る量にもよるかと思いますが、入れ過ぎより足りないくらいの香り付けの方が最初は宜しいかと思います。

(どのお料理の本だったか、忘れてしまいました...。)
by sdkc

2008.03.15

豚肉とりんごのシチュー

PorkApple.jpg
りんごソースとポークチョップは、洋食育ちのsdkc、昔から馴染みのある料理でした。

サンディエゴ、すっかり春らしくなりましたが、「冬の果実りんごの料理がしたい」と冬に作った一品を、遅ればせながら今回はご紹介。

ただ、sdkc最近なんとなく忙しいので、細かいレシピは省きます。あしからず。。。

さて、材料です。りんごにじゃがいもにタマネギににんにく、(冷凍)野菜にスパイス各種(塩胡椒、乾燥ローズマリー、セージ、ベイリーフ)。あとはチキンブイオン、お水と豚肉とスプレー式の油です。

オリジナルレシピには、これにバターナッツスクアッシュという種類のお芋が入ります。また、にんじんだけの代わりに、今回はブロッコリー、カリフラワー、黄色ニンジン、ニンジンの入った冷凍野菜を使用しました。
PorkApple2.jpg
牛肉をまず炒め、ニンニクとタマネギを加えていため、チキンブイオンとお水、スパイスをいれて沸騰させたら20分煮ます。

りんごと野菜を加えて、それぞれが柔らかくなるまでまた20分ほど煮て出来上がりです。

こうやって手順を書くと、なんて簡単な料理なのでしょう~!

お鍋でくつくつと、こういう感じでありました。
PorkApple3.jpg
sdkcは果物とお肉の組み合わせ料理が好きなので、このりんごのシチューには大満足。お味もとろっと甘くて、野菜もたっぷりですし、幸せな気分でおりました。

がしかし、隣でモクモクと食べていた夫。最後に一言、「これあまり趣味じゃない。」

が~ん。甘いものの好きな夫なのに、甘い果物のシチューはピンとこなかったようでありました。

大量に作ったりんごシチュー、その後しばらくsdkc、なくなるまで
独りでひたすら食べ続けました。

という、ちょっと悲劇なりんごシチューでありました。

Allrecipes.comのHarvest Pork Stewのレシピより。
by sdkc

2007.01.15

ネイビービーンスープ

navybeansoup.jpg

(6ー9人前)
乾燥ネイビービーン(白インゲン豆) 16oz/453g
水 6カップ
トマト缶 中身刻む 14.5oz/410g
玉葱 荒みじん 1個
セロリ 荒みじん 2本
にんにく みじん切り 1片
スライスハム 8oz/226g
チキンブイオン 小さじ1
ウスターソース 大さじ2
乾燥パセリ 大さじ1
ガーリックパウダー 小さじ2弱
塩胡椒 適量
ベイリーフ 1枚
水 2カップ
(アメリカサイズ計量カップ使用)


  1. 全ての材料を鍋に入れて沸騰させたら火を弱めてくつくつと2時間煮ます。

  2. 2カップの水を足して混ぜたら、さらに2時間煮ます。


オリジナルのレシピには、2時間後に足す水の量が2ー4カップとありました。お好きなとろみ加減(?)でどうぞ。

またオリジナルレシピでは、スライスハムの代わりに塊ハムの角切り(?)
が使用されていました。私はセールだったスーパーのいわゆるサンドイッチに使うスライスハムを利用しました。細切りに細かくしてみました。

さて、今回はネイビービーンNavy Beanの登場です。これは白インゲン豆のことで、乾燥状態のものは約16oz/453g1ドルちょっとで普通のスーパーで売られています。

navybeans.jpgアメリカのスーパーには様々な乾燥お豆がスープ用に売られているので、見ているだけでも楽しいです。スープミックスとして、すでにスパイスと混ざってパック売りされているものもあり、水を足して火にかけるだけと便利そうです。。。

このネイビービーンは炭水化物たっぷりなのですが、実は繊維も物凄く入っている優れものなので、例えばWWのポイントを換算するとゼロになります。(炭水化物沢山のバナナはちなみに長いもの一本で2ポイントになります。)がしかし何たってお豆ですから、頂き過ぎると月まで飛んで行ってしまうかもしれないので、お気を付けて下さい。

また水に浸かって缶でも販売されているので、スープにする時にはふやかっている分早くできます。でもたっぷりと時間を掛けて煮込むと味が浸透するので、ゆっくりと涼しい日に作ると良いでしょう。

WWのポイントは、オリジナルレシピの栄養素表で計算すると合計27ポイントとなります。が、スーパーで買ったスライスハム、又はスライスハム自体が普通の塊ハムより
脂肪分が少ないのか、合計が3.5ポイントになりました。ど、どうしてなのかはミステリー状態です。。。

Navy Bean Soup lallrecipes.comより。
by sdkc

2006.12.30

ハニーベイクドハム

ChristmasD.jpg

あっという間に今年も残り2日半となりました。遅くなりましたがクリスマスディナーの写真です。クリスマスはまだ4日前の出来事なのに、何だかすでに昔のことの様に思えます。

今年も義両親宅にてささやかなクリスマスディナーを頂きました。いつも「何も持ってこなくても良いわよ。」と義母が言って下さるのですが(嬉しいやら淋しいやら)、今回は勝手にマンゴーチャツネとクリームチーズのクラッカーのせを持参しました。マンゴーチャツネは以前大量に出来てしまった物を解凍し、クリームチーズはファットフリー(無脂肪)のものを。クラッカーはホールウィート(全粒麦)でこれもファットフリーのものを使用しました。チャツネの糖分以外は、大変ヘルシーなスナックでした。が、写真は撮りませんでした...。

さて今回のメインディッシュは、感謝祭は七面鳥でしたので、ベイクドハムでありました。昨年はCOSTCOのベイクドハムを義母が焼いて下さり美味しかったのですが、今年はなんとハニーベイクドハム(HoneyBaked Ham)というお店のハムを温めるだけというものでありました。

これが塩っ辛くなくて、とっても美味しかったです。お値段は決して安くはありませんが、やっぱり美味しいということで皆大満足でありました。いわゆるチャーシューの豚肉みたいな感じですが、風味はもう少しさっぱりとしていて薄味といった感じであります。豚の塊に蜂蜜をぬってゆっくりと焼くという具合でしょうか。

付け合わせは簡単に、ということで義母はハムの他にマッシュドポテト、冷凍とうもろこしといんげん、缶詰ブラックオリーブ、生セロリ、缶クランベリーソース、りんごとくるみのウォルドーサラダ、そしてボストンマーケットのお店のグレービーソースをささっと用意されました。デザートはミンスパイとパンプキンパイの缶ホイップクリームのせでありました。

Gnome.jpgこの日は義父の弟家族と8人でわいわいと食事をしましたが、弟家族の来る前に恒例のクリスマスギフト交換を大きなツリーの前でしました。

私のお気に入りはガーデンノーム(Garden Gnome)と言われている、ノームの置き物です。(リボンは私が付けました...。)一般家庭では(もちろん好みによりますが)、この様な置き物がお庭にいろいろと置かれています。私は子供の頃からこのノームが好きだったので、お庭なんてないのですがついにノームをゲットしました。


それからおまけの写真です。サンディエゴの青い空の下、サンタクロースがお店の屋根におります。このお店はカンタベリーガーデン・アンド・ギフト(Canterbury Gardens & Gifts)という、エスカンディード(Escondido)にあるクリスマス専門店です。

RoofSanta.jpgサンディエゴの地元の方はすでにご存じかと思いますが、まだいらしたことがなかったら是非来年のクリスマス前にいらしてみて下さい。

お店の中には沢山のテーマ別クリスマスツリーが置かれていて、クリスマスワンダーランドであります。クリスマスのオーナメントもいろいろと売られています。


確かこのお店は年中クリスマスのものを置いているかと思いますが、季節毎にイースターやハロウィンなどの飾り物もあるかと思います。(写真はクリックすると大きくなります。)

せっかくですのでクリスマス専門店をもう一つご紹介。サンディエゴのダウンタウン側にあるシティ・ライト(City Lights)は多分カンタベリーよりも大きいかと思います。こちらもクリスマスツリーにオーナメント、あとクリスマスライトにガーランドなどなどいろいろな物が売られています。

雰囲気的にはカンタベリーの方がクリスマスワンダーランドという感じなのですが、種類ではシティライトの方が多いかもしれません。それぞれ違う個性のお店なので、是非足を運ばれてみて下さい。ウィンドーショッピングとしても、大変に楽しいと私は思います。

それではいよいよ2007年ですね。
皆様どうぞ良い大晦日とお正月をお迎え下さい。


今年は私のブログに遊びに来て頂き、どうも有難うございました。
レシピをご紹介下さった方々、本当にどうも有難うございます。

来年もどうぞ宜しくお願い致します!
(レシピの投稿もお待ちしております~!)

by sdkc

2006.09.21

ジャーマンポテトスープ

GpotatoS.jpg(4人分弱)
ジャガイモ 4個(453g)
人参 2本
アメリカサイズ
セロリ 1本
玉葱 1個
ベーコン 6枚
キャベツ 2/5
水 1000ml
チキンブイオンの素 小さじ4
荒引き胡椒 適量


  1. 鍋に細切りベーコンみじん切りを、玉葱が透き通るまで炒めます。

  2. いちょう切りにして水につけておいたジャガイモ輪切り人参薄切りセロリを加えて適当に炒めます。

  3. 千切りキャベツチキンブイオンの素を加えて沸騰させたら、中火で20ー30分煮込みます。

  4. 荒引き胡椒を振って出来上がりです。


ジャーマンポテトスープですが日本のお料理の本を参孝に作ったので、やっぱり日本の味付けは簡単でも美味しい...としみじみ思ったスープです。もちろん日本の味付けといっても、レシピによりますけれども。このオリジナルレシピの載っている野菜料理の本は、以前日本の友人にプレゼントしてもらったもので、どれを作っても美味しいので気に入っています。ただ日本の野菜が主なので、せり、小松菜、はす、ごぼう、山芋、里芋、なめこ、しめじ、舞茸料理はまだこちらで作った事がありません。そういえば、なめこなんて日系食品店にもあるのかしら?私、なめこ大好きなんです~。

ジャーマンポテトスープといえば、私はアメリカでは耳にしたことがないような。夫に「ジャーマンポテトスープ」と言ったら、「ドイツの特別スープなわけ?」と目を輝かせて期待をされてしまいました。やっぱりアメリカでは一般的にはそう呼ばないのかなと思った次第です。手元にあるスープ料理の本にしても、レシピ名として載っていません。チキンストック、ジャガイモ、ベーコンの組み合わせのスープはいろいろなバリエーションがあるので、一概にジャーマンポテトスープって呼ばないのかもしれません。

ベーコンの種類や大きさによっては、6枚は多すぎるかもしれません。私は
脂身の多い、コスコで大量買いしたカリカリベーコン用のカナディアンベーコンなんとかというのもを使ったので、脂の部分を必死で取りました・・・。それでも残っている部分は、2分ほどペーパータオルに挟んでチンをして、気持ち脂抜きをしました。日本のベーコンの薄さや大きさなど覚えていないので、こういう時日本のレシピを使うと量が怪しくなります。でも美味しく出来たので、大満足。

オリジナルレシピにはこの半分の量で4人分とありましたが、倍の量を作って一品料理(メイン)として4人分弱となりました。

またオリジナルレシピには(半量)、ベーコン一枚にソーセージが3ー4本、サラダ油大さじ1が使用されています。脂を取ってもベーコンにはまだ脂は残っていたので、私は油を足さずに玉葱と炒めました。それから、オリジナルレシピにはキャベツは含まれていません。

ペーコン、ソーセージ、ハムなどを混ぜ合わせると、もっと変化やコクが出るそうです。

WWのポイントは、全部で約13ポイント。スープはやっぱりヘルシーです。

ジャーマンポテトスープ、「野菜のおかずは無限大」別冊エッセ、フジテレビジョン、ISBN4-594-60237-1、p.133より。

by sdkc

2006.09.17

豆腐と豚肉の白ワイン煮

mushpork.jpg(4人前)
豚肉 300g
マッシュルーム 200g+8個
人参 日本サイズ1本
木綿豆腐 500g
白ワイン 1/3日本サイズカップ
チキンブイオンの素 小さじ1
お湯 1日本サイズカップ
マーガリン 大さじ1
オリーブオイル 小さじ1
パセリ 適量
塩胡椒 適量


  1. フライパンにマーガリンオリーブオイルを入れ、塩胡椒をしたひと口大に切った豚肉を加えて、色が変わるまで炒めます。

  2. 石づきをとったマッシュルームと輪切りにした人参、2分チンして水気を絞り適当な大きさに切った豆腐を加えて炒めます。

  3. 白ワインを加えて2分炒めます。

  4. 溶いておいたお湯チキンブイオンを加えて、30ー40分煮込みます。

  5. 最後にパセリをふって出来上がりです。


豚肉は使った部位と切った大きさの為か固くなりましたが、全体としては美味しく出来たので満足でした。(固くなった豚肉ですが、薄切りにしていたので苦なく?食べられました。ちなみにオリジナルレシピでは、ひと口カツ用豚肉使用とありました。)

またオリジナルのレシピには、マッシュルームが8個と200gのマイタケが入ります。こちらでは場所に寄って違うかもしれませんが、日本の様にキノコ類は豊富ではありません。山菜という観念が日本とは異なるというか、一般の人にはないに等しいのではないかと思えます。アジアの食品店に行くとキノコの種類も増える気がしますが、普通のスーパーでは基本は白マッシュルームで、他にはブラウンマッシュルーム、あと乾燥シイタケマッシュルームなどあったりします。他の種類のキノコはパック売りが殆どで、これもお店によるかもしれませんが、あまり鮮度も良くありません。秋というと松茸!などという旬の贅沢感は、ゼロです...。(だいたい松茸がありません~。日系スーパーにならあるかもですが。)

あと、オリジナルレシピにはマーガリンでなくバターを使用。そして最後に振りかけるのはチャイブやイタリアンパセリなどとありました。

結構汁があので、オリジナルレシピには蓋をして煮るとありましたが、私は蓋なしで煮とばしました。

それと、ひと口大のチンしたジャガイモを途中から入れても美味しいですし、お豆腐っぽいお豆腐料理の苦手な人(うちの主人)には代用となります。

WWのポイントは、全部で約27ポイントでした。これを一品料理にするには若干物足りなかったので、私はジャガイモを4つ入れて4等分したら、1人分約8ポイントとなりました。


キノコと豚肉のワイン煮、「野菜のおかずは無限大」別冊エッセ、ISBN4-594-60237-1、p.195より。
by sdkc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。