--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.11

ほうれん草のカレー

GreenCurry.jpg
先日ほうれん草を沢山買ったので、ほうれん草のカレーを作ってみました。

カッテージチーズが入るというレシピだったので、以前から興味がありました。

が、実際はカッテージチーズがお鍋の中で溶けてしまい、最後にまた足したという事態に。。。

それにしても、今回はお料理の本に出ている出来上がりの写真と全く違う様相に出来上がり、どうしてこうも違った見掛けのものが出来るのか、なんだか自分でもおかしくて笑ってしまいました。
材料:
ホウレンソウ 300g
ひき肉 300g
ニンニク 1かけ
タマネギ 1個
カレー粉 大さじ3
チキンブイオンの粉 小さじ1
水 2カップ(日本)
カッテージチーズ 200g
塩胡椒
油 適量
ご飯 適量
  1. ホウレンソウは茹でたら冷水に取って水をしぼり、1cm幅に切ります。
  2. をしいた鍋に、ニンニクタマネギのみじん切りをよく炒めます。
  3. ひき肉を加えて、色が変わるまで炒めます。
  4. カレー粉大さじ2を加えて炒めます。
  5. チキンブイオンの粉を加えて煮立てたら、6分煮ます。
  6. ホウレンソウカッテージチーズ残りのカレー粉を加えて6分煮ます。
  7. 塩胡椒で味を整えて、出来上がり。
ちなみに、オリジナルのレシピには、赤唐辛子が一本加わります。あと、ゆで卵を最後に盛り付けます。

というわけで、オリジナルのレシピにほぼ忠実に作りましたが、出来上がりの見栄えは全く別のお料理状態。ほんと、不思議です。

悪くはありませんでしたが、何となく単純すぎる風味だったので、翌日はトマト缶とブロッコリーをを足してみました。
RedCurry.jpg
あまり印象に残っていませんが、多分それなりに美味しかったかと思います...!

ホウレンソウとひき肉のカレー、p.33、野菜のおかずは無限大、別冊エッセより。
by sdkc

スポンサーサイト
2008.01.18

牛肉の野菜炒め

beefBroc.jpg

1月といえば、ダイエットの月です。TVのコマーシャルには、エクセサイズマシーンや各種ダイエット法、ローカロリー食品などの宣伝が多くみられます。お店でもエクセサイズ用のスポーツウエアーやエクセサイズマシーンのセールが目立ちます。

11月の感謝祭からクリスマスに掛けて御馳走を沢山頂き体重の増えた人々は、お正月が明けると同時にダイエットに勤しみます。私はクッキーの焼き過ぎでか体重も増えましたが、ほぼ元に戻りました。でも野菜を多く取るように心掛けています。


今回は、ブロッコリーと牛肉炒めという中華レシピを元に、ブロッコリー2株の代わりに冷凍野菜ミックスを沢山入れて作ってみました。

醤油、紹興酒、みりん、オリーブオイル、かたくり粉などで下味を付けた牛肉は小さく薄めに切り、たまねぎ、にんにくと炒めたら、チンして柔らかくした冷凍野菜を混ぜ、全体に火が通ったらオイスターソースがメインの合わせ調味料を加えます。最後にかたくり粉でとろみをつけて出来上がり。

いつものごとく一品料理ですが、牛肉も入った
野菜たっぷりの中華風炒めに大満足なsdkcでした。がしかし・・・

夫「魚臭いぞこの肉炒め!」

sdkc「前にもこの炒め物したじゃない。」
夫「魚のエキスかなにか入っているだろう~!」
sdkc「そんなもの入っていません、お肉風味です!あ・・・そう言えばオイスターソースはシーフードエキスでした...。」
夫「ほらみろ!それも大量に入れたでしょ~!」
sdkc「大量になんて入れてません。(でもたっぷり入りました。)前に全く同じレシピで作った時には何も言わなかったじゃない!!」
夫「今回は魚味が強すぎだ~!!!」
sdkc「以前は大丈夫だったのに...。」

数分経過。。。

夫「ごちそうさま~。そう言えば、食べているうちに魚臭さが気にならなくなったよ!!」
sdkc「ああ、良かった~~~~~。」

ということで、野菜は増やしたもののレシピ通りに作ったのですが、今回はどうもオイスターソースの風味が強かったようでした。今までオイスターソース料理に文句が出たことがなかったので、sdkcひやりと致しました。(少ないレパートリーが減ってしまう!!!と...。)

今回の出来は何だか複雑な気持ちなので、レシピは飛ばします~。

by sdkc
(P.S. 最初の投稿から一晩明け、会話部分を少々編集させて頂きました。)

2007.12.01

ジャジャーパスタ

JJpasta.jpg

トマトソース系ばかり続いたので、中華版ミートソースを作りました。
ジャジャー麺です。
しかしおうどんがなかったので、パスタにのせてみました。

が、sdkcはなかなかお味噌を使う機会がない(!)ので、
ふっるいお味噌を利用したところ、

とっても塩っ辛いソースが出来てしまいました。

その上、ピリ辛な物が苦手なsdkcなので、
豆板醤も量を減らすし、赤唐辛子もいれないし。」と、安心していたのですが、
結構豆板醤が入ったようで、辛い物好きな夫が、

「これは辛くて美味しいじゃない~!!でも、きっとあとで胸焼けするね~!
辛い物は毒物を分解するからいいんだけれども、分解時にガスもだすから明日大変だね~。でも美味しいなぁ。。。」

なんて、余計なことまで説明しながら喜んで食べてくれました。

ということは、sdkcには辛すぎるということなのです。
塩辛く、ピリ辛く、大変なことになりました。

盛り付けたソースの(具の?)量を1/3に減らして、

うす~く伸ばして頂きました。

それでも茹でカリフラワーやブロッコリーも一緒に食べないと、
辛くて食べられない代物となりました。


なので、今回はレシピは載せずに
よく撮れた写真だけです。


残ったソースはどう再利用しようかしらん・・・。

by sdkc

2007.05.06

豆腐と挽き肉の野菜あんかけ

tofubeefvege.jpg


最近、作った料理の写真を撮ってからこのブログにアップするまで、かなりの時間がかかっています。(今更ながらDVD/CDライターを購入して、パソコンやジップディスクに今まで保管していたデータを整理しCDに焼いています。その作業のために、新しい写真をあまりパソコンに取り込んで編集したりしていないのであります。)

この豆腐あんかけも一ヶ月以上前のもの。手が掛かったレシピのわりに、どうってことなかったので(!)今回はレシピは飛ばして写真だけにします。

もともとは豆腐の挽き肉あんかけでしたが、野菜をもっと食べないとと思い、冷凍野菜ミックスをチンしてその上にのせてみました。豆腐をもっと細かくしていれば、結構ちゃんとした野菜あんかけになったと思います。野菜もたっぷり頂けて、なかなかではありました。

しかし野菜にかけたら、あんかけ状態だったのが普通のさらっとしたソースになってしまい残念でした。化学反応なのでしょうか。料理っ化学の世界だなぁとしばしば思います。

日本はゴールデンウィークですね(したね?)こちらサンディエゴは、お天気の良い週末を迎えております。

sdkc

2007.01.31

中華炒めパスタ

ChukaPasta.jpg


(約3人分)
牛肉 200g
赤ピーマン アメリカサイズ1/3個
ジャガイモ 200g
オリーブオイル 適量
豆板醤 小さじ1
ボータイパスタ 2~3人分(250gくらい?)
A    醤油 大さじ1/2
    溶き卵 1個
    片栗粉 大さじ2
    オリーブオイル 大さじ1
B    おろし生姜 半片
       みじん切りにんにく 半片
       薄切りグリーンオニオン 細いもの3本
       醤油 大さじ1.5
       酒・酢・砂糖 各大さじ1
       チキンブイオンの素 小さじ1/2
       水 大さじ3


  1. 細く薄切りにした牛肉をポールに入れて、Aの調味料を一つずつ加えながら揉み込みしばらく置きます。

  2. 細く小さめに切った赤ピーマンと、サイコロ状に切ったジャガイモをボールに入れて3ー4分チンします。

  3. Bの調味料を合わせておきます。

  4. ボータイパスタを同時に茹でます。

  5. フライパンにオリーブオイル豆板醤を熱し、1の牛肉を色が変るまで炒めます。

  6. 2の野菜を加えて混ぜます。

  7. 3の合わせ調味料を加えてよくからめます。

  8. 水気を切った4のパスタを7に加えてよく混ぜ合わせます。


今回は「豚肉とレンコンの中華炒め」のレシピをアレンジしてみました。以外と美味しくできたので好評でした。ピリカラのお好きな方は豆板醤の量を増やして下さい。

野菜は普通のピーマンでも大丈夫ですが、甘みが減るかもしれません。またオリジナルレシピにはキクラゲが入っていたので、入れてみるとさらに面白く(?)なるかもしれません。

牛肉を炒める際に牛肉同士が
結構くっついています。また卵もフライパンにくっつくので、よくかき混ぜながら火を通して下さい。

ジャガイモは芯が残らない様にチンしますが、ジャガイモの種類によっては混ぜ炒めている間にどんどんと崩れてゆくものもあるので、適度に気を付けて下さい。

実際はパスタを大めに茹でて、からみ具合をみながらパスタを加えてゆきました。ですのではっきりとどれくらいの分量を使ったかは分かりません。。。

最近理想体重がキープ出来ているので、WWのポイントを意識せずに食べてみています。のでポイントは計算しませんでした...!

豚肉とレンコンの中華炒め
「野菜のおかずは無限大」別冊エッセ、フジテレビジョン、ISBN4-594-60237-1、p.106をアレンジしました。
by sdkc

2007.01.25

ボロネーズスパゲッティ

boronase.jpg

(4人分)
牛挽き肉 320g
玉葱 2個分
人参 大さじ2.5
セロリ 大さじ2.5
赤ワイン 300ml
トマト缶 420g
ローリエ 一枚
ナツメグ 適量
塩胡椒 適量
オリーブオイル 適量


  1. 玉葱人参セロリをみじん切りにして3ー5分チン。

  2. フライパンにオリーブオイルを適量入れて、色付くまでよーく炒めます。

  3. 2の野菜を取り出し、挽き肉をパラパラになるまで炒めます。脂が出たら捨てます。

  4. 3に2の野菜を戻し、ワインを加えて半量になるまで煮詰めます。

  5. 中身を刻んだトマト缶塩胡椒ローリエを加えて沸騰させたらくつくつと一時間煮込みます。

  6. 最後にナツメグを加えて混ぜます。


オリジナルレシピには、「野菜をしっかりいためて甘みを出すこと」とありました。

普段作るスパゲッティーミートソースに飽きてしまった私は、久し振りにイタリアンミートソースの代表である(と私は思っている)ボロネーズ(
BOLOGNESE)ソースを作ってみました。

がしかし、夫はいつものミートソースに全く飽きていないどころか、「これはパスタにかけるミートソースではない~!」と言い張り、スパゲッティを食べながらの夫婦喧嘩となりました。

実は以前ボロネーズを作った時も「ミートソースではない~!」と不評をかい、それ以来作っていなかったのでありました。が、魔が差してまた作ってしまったらこの結果です。反省。。。

確かにいつも作るミートソースの方がとろっとこってり、私も大好きです。でも、ボロネーズも決して悪くないかと思ったのですが。。。

ということで、翌日にはこのボロネーズソースにトマトペースト缶を足して濃度を高め(?)、トマトケチャップとマスタードも少し加えて、いわゆるいつものトマトソースに仕上げました。夫も大満足でありました。

口論で忙しかったので、WWのポイントは出し忘れました。今からでも計算できますが。。。

ミートソース「イタリア風おかず」、主婦の友社、雑誌61396-75、p.26。
by sdkc

2006.12.14

カレー

curryx.jpg

(6人前+)
市販のカレールー 半分(100g)
牛挽き肉 200g
にんにく 1片
玉葱 250g
人参 100g
ジャガイモ 280g
マッシュルーム 10個
生姜 1かけら
水 500ml
チキンブイオン 小さじ1
トマトシチュー缶 半分(200g)
レーズン 1/4カップ40g2oz?
ガラムマサラ 小さじ1/4
カレ—粉 小さじ1
ヨーグルト 1/3カップ(アメリカサイズ)


  1. 鍋で挽き肉を色が変わるまで炒めます。

  2. 荒みじん切りにしたにんにく玉葱生姜。いちょう切りっぽくした人参ジャガイモ、1/4に切ったマッシュルームを1に入れて適当に炒めます。

  3. チキンブイオン、中身を刻んだトマト缶を入れて沸騰させ、火を弱めて刻みレーズンガムラマサラカレー粉を入れて混ぜます。

  4. 3をぐつぐつとさせて蓋を閉めて20分以上煮ます。

  5. 4にカレールーを溶かし入れ、ヨーグルトを入れたら5ー10分くつくつと煮て出来上がり。


簡単にカレーと思ったのですが、クックパッドを見ていたら何だかあれもこれもと入れたくなってしまい...。欲張っていろいろ入れ過ぎたかもしれません。

ヨーグルトは量的にもちょっと入れ過ぎかもしれません。またレーズンを刻むか否かはお好みでどうぞ。

生姜はこれもお好みだと思いますが、結構食感と味が強かったので次回はもう少しだけ量を減らし、すりおろしてみようかしらんと思いました。

あと、ガラムマサラはガムラマサラだったか今思い出せないのですが、これもカレー粉も入っても入らなくても良いかと思いました。多分味が複雑に良くはなっているのかとは思いますが...。別になくてもと思いました。

WWのポイントは、全体で36ポイントになりました。6人前はあったので100gのミックスご飯と合わせて一皿約9ポイントとなりました。

by sdkc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。